スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 鈴鹿 赤坂谷遡行 ツメカリ谷下降 水のワンダーランドで大はしゃぎ!

いよいよ本格的な沢登りシーズンの到来!

じりじりと太陽が照りつけて、茹だるような暑い日はやっぱり沢登りですよね。
それも、この時期ならガンガン泳ぎが入る沢がいいに決まってる!

ということで、先日、鈴鹿の神崎川支流の赤坂谷を遡行してきました。

神崎川自体もエメラルドグリーンの淵と急流を併せ持つ水遊びにはもってこいの川ですが、今回は「関西の赤木沢」の異名を持つ赤坂谷を遡行し、南に尾根を乗越してツメカリ谷を下降、神崎川をダウンリバーしようという目論見です。

これでもかというくらいに泳ぎが入るはずなので、カナヅチの私はライフジャケットを準備して万全の態勢。
これで去年のヤバい状況は回避できるはずだ。

会社のメンバーに「めちゃおもろいで~!」って煽った結果、山も含め、ほぼ初心者が4名参加。
....大丈夫かな?
登山の初体験が沢登りって、とっても素敵ですね~!

心配していた天気も上々。
まぁ、なんとかなるでしょと一路高速を飛ばして滋賀県に向かいました。
(この日の7月18日は関西の梅雨明けだったようです。)

例によって、林道のゲートは閉まっているので20分の歩きで入系ポイントの発電所へ。

さてさて、祭りのはじまり~! 
みんな格好だけはいっちょまえです。
IMG_0577.jpg 

しばらくゴーロを進んだところにある淵で最初の泳ぎ。
水温もそれほど低くなく、すでに皆テンションマックスです。

土砂が埋まったのか、以前より浅くなったかも
IMG_0576.jpg 

20分ほどで仙香谷(赤坂谷の下流の正式名称)の出合いです。
夏のキラキラした日差しも差し込んで、本当に気持ちいい。
初心者のメンバーも歓声を上げながらジャバジャバ進みます。

難しいところもなく快適な下流部
IMG_0578.jpg 

IMG_0582.jpg 

しばらくして、核心の8m斜曝。
ここは釜を泳いで岩に取り付き、流れの左を容易に登ります。
念のためにロープを出したけど、皆さん、確保するまでもなく登っちゃいました。

この奥の8m滝で核心はおしまい。
初心者も十分に楽しめるいい沢です。
IMG_0584.jpg 


IMG_0590.jpg 

617mの二股を右にとると赤坂谷。
ここからはなめ滝の連続でこのあたりが「関西の赤木沢」の所以かな?
ってそこまでではないような…

赤坂谷に入ればこんななめ滝の連続
IMG_0591.jpg 

ほどなくツメカリ谷への尾根乗り越しポイントへ。
(枝沢の出会いにケルンが積んでありました)

ここで昼食。もう動きたくない感じ
IMG_0592.jpg 

ツメカリ谷への乗り越しはちょっとミスって赤坂谷に戻ったりしたけど、なんとか辿りつきどんどん下って行きます。
滝はもちろん釜へのジャンプで。

ゴルジュ奥の滝は絶好のダイブポイント
IMG_0596.jpg 

みんな童心に帰って何回も飛び込み大会。
神崎川合流点も近いので、遊びまくりです。

ここはもうウォーターパークですね!


神崎川に出てからは泳ぎ、飛び込みで「もう泳ぎは満腹」状態。
途中で遊びすぎて林道に出た頃にはうす暗くなってました。
初心者をつれての沢登りでどうなるかと思ったのですが、沢登りのエッセンスが全て凝縮された山行でみんな大満足!
ただ翌日は筋肉痛で体がバキバキだったようです。

事情があって中々時間が取れないですが、また計画しよう!


ブログランキングに参加しています。 
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを 
にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト

ほんと久しぶりのクライミングシューズ購入

会社の若い社員の中でクライミングがプチブームになっています。
定時後にクライミングジムに通うのも定例化しそうな状況。

まぁ、その火付け役は私なんですが。

成り行き上、外岩クライミングやジムへの同行もせざるを得ない中、本当に久しぶりにクライミングシューズを購入しました。

20年近くぶりかなぁ…

5.10 モカシム・オンサイトを購入
IMG_0556.jpg 

最近のクライミングシューズはボルダリングに特化しているのか色んな(よくわからない)形状のものも多くありましたが、ここはオーソドックスなスリッパタイプを選択。

思えば、最初に買ったクライミングシーズはASOLOの「オンサイト」って靴でした。
これはあまり造りが良くなくて、ソールから回り込んでいるゴムの部分がパカパカ浮いてしまうという代物でした。

その後、前掲壁には足裏で抑え込めるスリッパがいいと言えば、「ニンジャ」を、シュテファン・グロバッツが履いてるという理由だけで、スポルティバの「メガ」を、本ちゃん用には長時間履いてられるよう、ちょっと緩めの「フィーレ」をと、かれこれ8~9足くらい買ったかな?

まぁ、「この靴でないと登れない!」ってな経験は皆無で、結局そこまでの難易度には達してなかった訳です、はい。

あ、唯一細かいエッジングが必要なルートでバリバリにシャンクが入った「ジャズ」(メーカ失念)でやっと登れたってことはありました。この靴はソールの張替もして結構お気に入りでした。
そんなこんなでボリエールの「レーザー」が最後のシューズ。
これはつい最近まで現役でしたがソールが減ってペラペラでした。

一番使ったのはスリッパタイプの「ニンジャ」で結局3足履きつぶしました。

やっぱり、足入れの良さと結構伸びたので変にフィット感がでたのが理由です。

他は

「3分間以上痛くて履いてられない」

ってな靴ばかりでしたが(そういう時代でした)、結局は痛みを我慢して登っても楽しくないし、コンペでぎりぎりのとこをやっている訳でもないので、スリッパに行きついた感じです。

ということもあり、今回もちょっと緩めのサイズを選びました。
(骨折で踵が太ってしまったこともありますが)
新たに会社の至近距離にクライミングジムを発見(営業A君、GJ!)したので、定時後頻繁に通うことになりそう。

クライミングをこじらせつつあるA君
IMG_0557.jpg 

若いのに交じって、「昔はなぁ~」とかほざいてる登れないジジイがいたら、それは私です 笑。

でも、やっぱり外岩のリードルートやマルチピッチの方が好きですわ!

若い衆をそっちに引きづり込もうっと。


ブログランキングに参加しています。 
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを 
にほんブログ村 アウトドアブログへ

京都の秘境 大悲山 峰定寺に行ってみた

このGWの連休は桜や紅葉のシーズン程ではないにしても京都はどこも大混雑。

どこか人が少なそうで面白そうなところを物色していたところ、花脊の里のそのまた奥に日本最古の舞台造り建築のお寺が検索に引っ掛かった。

峰定寺(ぶじょうじ)というお寺で、これまた北山でもマイナーは大悲山の中腹にあるらしい。

これは行かねばなるまいと、市内から車を走らせること1時間半、やっとこさ峰定寺に到着。



天気は快晴。新緑が日差しに映えて美しい。
駐車場には数台の車が止まっているけど、まったく人気がありません。

お寺の境内に入る手前に美山荘という料亭旅館があります。
DSC00499s.jpg

帰ってからググったところ、お昼の懐石が20,000円~という超高級料亭です。
宿泊もできるみたいだけど、こんな山奥で営業が成り立っていることにちょっとビックリ。

訳ありカップルがしっぽりと過ごすにはもってこいかも…

なんて妄想を膨らましながら進むと峰定寺の境内入口です。

人が少ないどころか、人っ子一人いません
DSC00500s.jpg

受付で入山料?500円を徴収されますが、山門から奥は写真撮影禁止、荷物はすべて預けないとだめとのこと。
代わりに財布とかを入れるために、たすき掛けにする袋を渡されます。

受付のおばちゃんが、

「登るときには六根清浄を唱えてください」 とか
「途中の鐘は力いっぱいついてください」 とか
「本堂は10分間滞在、往復で40分で帰ってきてください」 とか

色々と注文が多いお寺です(^^;

「今は誰も登ってないので、静かでいいですよ~!」

って貸切状態みたいです。

この山門より奥は写真撮影禁止
DSC00504s.jpg

ということで、残念ながら核心部の画像はありません。
山門からは高度にして約100mほど石段を登れば立派な本堂が見えてきます。

舞台造り建築ということで、イメージとしたら清水の舞台をコンパクトにした感じでなかなかの存在感です。
これは一見の価値ありですね!

画像がないのも寂しいので、拝観のしおりの画像をコピーしてあげておきます。

本堂からの北山の眺めは絶景でした
IMG_0541.jpg

ついでに大悲山に登ろうかとも思いましたが、本堂から奥は立ち入り禁止でいけません。
そもそも40分では戻ってこれませんが。

大悲山自体には登山道は無いですが、山容がなだらかなので適当に尾根をたどれば辿りつけそうです。
今回は時間も遅いのでやめときました。

北山のローカルなピークを辿るのも面白いかも。

めちゃ地味ですが 笑


境内の前には寺谷川の清流が。気持ちいい!
DSC00497s.jpg


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

連休の梅小路は大賑わい 京都鉄道博物館オープン

公私ともにバタバタしており、ブログの更新をさぼってました。
久しぶりの記事更新です。

いつもランニングにいってる梅小路公園に鉄道博物館がオープンしました。
展示車両も53と国内最大級とか。
個人的にはあまり興味はないのですが、水族館と合わせてますます梅小路公園が賑わいますね。

ということで、ランニングがてら様子見に行ってきました。

公園はつつじが満開でどこを見ても人だらけ
IMG_0515.jpg

連休なのであちこちでイベントしてます。
これはキッチンカーを集めた売店群

IMG_0518.jpg

えらい人出なのでさすがにランニングしてる人はいない(^^;
以前は休日のお昼でものんびりした雰囲気だったのに。

鉄道博物館エントランス。昼過ぎだけど、並ばす入れるみたい。
IMG_0521.jpg

もちろん入場はしてません。柵の隙間から撮影。SLと0系新幹線
IMG_0523.jpg

蒸気機関車館のときからあった施設もそのまま繋がってます。
IMG_0520.jpg

水族館もあるし、親子ずれがやたら多いですね。
子供は予測不能の行動をするので、ランニングはしない方がよさそう。
昼のランニングコースを開拓しないと…


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

京都・南山城 鷲峰山金胎寺の行場巡りでプチクライミング気分

冬の時期、寒さでこもっていると体がなまりそう。
どこか手頃な山に行きたいけど、普通の山行では面白くない。

「京都 秘境 山」とかでググったところ、京都の南山城に行場巡りができるところがあるらしい。

ブログなどのレポートを見ると、中々コンパクトにまとまって、それなりの岩場もあって面白そう。

これは行くしかないと思ってたのですが、週末になると天気が崩れるというパターンで実現できてませんでした。

久々に晴れた2月21日、やっとこさ行ってきました。

その場所は鷲峰山金胎寺(じゅうぶざん こんたいじ)で開祖は役小角とか。

宇治田原から府道62号経由で金胎寺最寄りまで車でアクセス可能と非常に便利。
自宅からでも1時間ちょっとで着きます。

kontaiji.jpg

金胎寺の参道近くのスペースに路上駐車し、先ずは境内へ
DSC00392s.jpg

5分程で山門に着きます。
この時期なのか、常になのか、人っ子一人いません

DSC00396s.jpg

行場巡りは境内の奥から進みますが、入山料300円となっています
DSC00397s.jpg

良く踏まれた登山道をしばらく進むと「迎え行者」の像が迎えてくれます
DSC00401s.jpg

「行場の辻」 行場はぐるっと周回してここに戻ってくる感じ
20160221 115504

ルートはとにかく谷筋まで下降します。
途中で「東覗」、「西覗」と断崖脇を進みつつ、最後は岩場を急下降します。

「東覗」
20160221 115929


だーっと降る下降路を下から見たらこんな感じ。
結構な傾斜で部分的に鎖場があります。前日の雨で落ち葉がスリッピーでちょっと怖い…

20160221 120655

下った後は「胎内くぐり」に進むはずが、そのまま下降して谷まで下りてしまいました。
戻るのもだるいので今回はパスです。

降りたところが「千手の滝」
20160221 120928

そのまま谷筋を降ると「五光の滝」です。
両脇に御神木を従えた立派な滝で、修行場の雰囲気満載ですね。

「五光の滝」 日が当たると虹が架かるのでこの名前が付いたのかも
20160221 122404

滝の横には不動明王像がまつってありました
20160221 121424

ここから50mほど谷筋を進んだあと、今まで下りた分を登り返す形になります。
岩場の多い尾根を登るようなルートなので、ここからプチクライミング気分ですね。

「護摩壇」 反対側に仏像がおかれたテーブル状の岩があります
20160221 125905

「鐘掛」 必ずまき道があるので、無理しなくても進めます。直登は鎖がなければちょっと緊張するレベル。
20160221 130149

「小鐘掛」 ハングした岩だけど、右横から簡単に通過可能。
崩れないようにセメントで補強されてます。

20160221 130530

次が今回一番見たかった「平等岩(10m)」
20160221 131933

以前は鎖が一直線にかかっていて、このフェースを直上するルートもあったらしい。
事故が多発するので撤去されたのでしょうね。

傾斜は70度程度だけど、中間あたりまではホールド、スタンスともに薄い感じ。
グレードなら5.6(Ⅳ級+)程度かな?

まあ、フリーソロする気もないけど、こういうのが一般ルートで設定されていたのもびっくりします。
(クライミング経験のない人にとっては鎖を腕力で耐えて登るのかな?…恐ろしい)

ルートはフェース側面を直上、さらに右に容易な巻き道もあります。
20160221 132156

凹角沿いに登りたくなるけど、カンテに出た方がずっと楽ちんです。

この後はひたすら簡単な岩稜を登らされるのですが、結構息が切れます。
10分も登れば「行場の辻」に戻って、周回完了です。

途中でお昼休憩40分を含めて2時間で周回しました。



ルートはペンキだらけで迷ううことはありません。(って胎内くぐり飛ばしたけど…)
岩場もホールド自体にいちいちペンキでマークされているので問題ないでしょうし、容易な巻道もあります。

とはいえ、滑落による死亡事故もあるようなので気をつけないとね!

よその行場がどんなのか知らないけど、結構変化に富んで面白いルートでした。

今度はロープ持っていって、平等岩を直登してみようかな?

金胎寺に向かう途中には立派な茶畑がありました。さすが、宇治田原ですね。

見事な造形の茶畑
20160221 142029


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。