FC2ブログ

言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に…

久しぶりの音楽ネタです。

エリック・クラプトンの最後?の来日公演が2016年春に決定したみたいですね。
彼ももう70歳なので、やっぱり最後でしょう。

クラプトンと言えば、思い出すのが1975年の来日公演。
当時、高校生だった私はなけなしの小遣いをはたいて大阪フェスティバルホールに聴きにいきました。

内容はよく覚えてないのですが、「Double Trouble」がずしんと心に響いた記憶があります。

それよりも観客のヤジが大阪満開で、

クラプトンがコンサートではお決まりのタバコを吸う場面では、

「おっさん、ここ禁煙やど~」(爆笑)

とか、女性ボーカルのマーシー・レヴュが登場すると

「ええぞ~!ねえちゃん!」(爆笑)

とか、期待を裏切らないノリで、それしか印象に残ってないような (笑)



で、本題なんですが、この公演の前座が和田アキラを中心とする「プリズム」だったんです。

その時は「プリズム」って何ってな感じだったんですが、演奏が始まったとたん、頭を殴られたような衝撃を受けました。
フージョン+ジャズ+プログレの洗練された楽曲と高度なテクニックに周りの観客も釘付けになっているのが判りました。

なんやこれは!(゚Д゚)

とパンフレットに挟んであった「プリズム」のビラには今回のブログのタイトルのキャッチコピーが。

「言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に」

ん~、なんともかっこいいコピーやん!
まさに、このキャッチコピーを具現化する演奏がそこにありました。

セットリストはよく覚えていないけど、クラプトンよりもよほど印象に残ったくらいです。

その中でも今でも覚えている曲が「Morning Light」です。

プリズム Morning Light


帰ってからレコード(笑)を探しまくったけど全く見つからない。今みたいにググるわけにもいかないし。

それもそのはず、彼らのファーストアルバムは1977年リリースでした。

コンサートの時にはあの「四人囃子」(っていっても知ってる人はレアでしょうが)の森園勝敏もギタリストで参加していたような。

彼らの後にカシオペアなどが続き、日本のフュージョンブームとなるのですが、彼らのファーストアルバムは今なお輝きを失わない傑作だと思います。

懐かしさのあまり、先ほど、「プリズム」ファーストアルバムをAmazonで購入してしまいました。(笑)

最近のプリズムのパフォーマンス動画も見つけたので張っときます。

プリズム Love Me (2015 新橋 ZZ)


和田アキラがアンディー・ラティマーに見えてきた(笑)

で、こんなのも。

プリズム 森園勝敏 Lalena (Deep Purple Cover)


和田アキラのギターシンセに涙…

ジジイの懐メロネタでした(^o^)

PRISM/ポリドール

¥1,572
Amazon.co.jp


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト



秋の夜長はビル・エヴァンスで - アンダーカレント

朝晩はめっきり冷え込む季節になりましたが、いかがお過ごしですか?

京都の紅葉もこれから見頃を迎え、休日の紅葉スポットは大混雑です。
まぁ、地元民は寄りつかないようにしてますが。

山はそろそろ冬支度、寒さが苦手な私は久しく冬山には行ってません。
装備を揃え直すのも大変だということもありますが。

冬を前にしたもの寂しい秋にはJazzに浸るのがピッタリきます。

ということで、こんな秋の夜長にお勧めのJazzアルバムをご紹介。

私はとりわけピアノトリオが好きなのですが、やはりビル・エヴァンスあたりは外せません。
そんなエヴァンスのアルバムの中でも特異な位置にあるのが今回ご紹介するアルバムです。

Undercurrent Bill Evance & Jim Hall
PB051107.jpg

ジャケットの水中に浮かぶ女性のモノクロ写真がなんとも幻想的でインパクトがあります。
知らなくてもジャケ買いしてしまいそう。

このアルバムはなんとピアノ(ビル・エヴァンス)とギター(ジム・ホール)のセッションなんです。
ピアノもギターも打弦楽器、撥弦楽器の違いはあれ、何れもリズム、ベース、和音、主旋律を一台でこなすことができる楽器なので、ピアノとギターのデュオとなるとどうなってしまうのかと不安になります。

でも、そんな心配は無用、楽器を知り尽くした名手が時には激しく、また、やさしく、素晴らしいインタープレイを聴かせてくれます。

ギターも大好きは私はもう堪りません!たちまちこのアルバムの虜になりました。

アルバムのどの曲も捨てがたいのですが、お勧めを2曲ほど。

My Funny Valentine - Bill Evans & Jim Hall

携帯用動画リンク

常識を覆すアップテンポのMy Funny...お互いの緊張感溢れるアドリブが冴えわたります。
特筆すべきは3:10あたりからのジム・ホールのバッキング。
ベースランニングとコード演奏、カッティングによるリズムを同時にという超絶技法に悶絶します。

Romain - Bill Evans & Jim Hall
携帯用動画リンク

こちらはジム・ホール作曲のバラード。
甘く切ない旋律に心を奪われます。音なのに色を感じてしまいます。まさにColorfull!
無駄のない宝石のような音の粒はエンディングで見事に昇華していきます。



このアルバムはバラードが中心なので、JAZZはちょっと…という人にも聴き易くてお勧めです。
でも、とても奥深い演奏で聴くたびに新たな発見があります。
是非通して聴いてみてください。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ





映像発見! ペトルチアーニ@びわ湖バレイジャズフェス

過去記事「ミシェル・ペトルチアーニのこと」でびわ湖バレイオールナイトジャズフェスティバルでのミシェル・ペトルチアーニの思い出について書いたのですが、ネットで検索しても情報がなく、あやふやな記憶のままでいました。

先日、Youtubeで色々漁ってたところ、びわ湖バレイでのペトルチアーニの映像を発見!

記事では1986年、ピアノソロって書いてたのですが、実際は1985年でトリオだったのですね。
私の記憶もいい加減なもんです。

Michel Petrucchiani - Autumn Leaves びわ湖バレイジャズフェス

携帯用動画リンク

1985年ですから、ペトルチアーニ23歳の映像です。
スタンダードナンバーの演奏ですが、確かにペトのロマンチシズムが見え隠れします。

バレ・ダニエルソンのタイトなピッチのベースが素晴らしく、暴走しがちなペトをうまくなだめ込んでいてトリオとして完成度の高い演奏になってます。

しかし、よく映像があったもんですね。アップして頂いた方に感謝です。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ




情熱のピアニズム - ミシェル・ペトルチアーニ

ミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー映画が公開されるという情報をコメントに頂きましたので、ご紹介。


ミシェル・ペトルチアーニに関しては過去記事「ミシェル・ペトルチアーニのこと」に書いていますのでご一読を。

ペトルチアーニ生誕50周年なんだ。
ミュージシャンの50歳、普通なら油の乗り切った円熟期ですよね。
ほんと、夭折が惜しまれます。

でも、短い生涯であるが故に輝くものもあるのでしょう。
ペトのピアノはそれだけの密度とエネルギーを持ってます。


関西では大阪と神戸の2か所で上映予定です。公開は10月から順次とのことでまだ未定みたいですね。

これは是非観に行きたいなぁ!

情熱のピアニズム トレーラームービー
携帯用動画リンク

予告編見ただけで、彼の生きざま、人となりが伝わってきます。
トレーラー後半のバックに「September Second」が流れてて、ちょっと嬉しかったかも(^0^)



ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ




ミシェル・ペトルチアーニのこと

なんか唐突に思い出してしまった。

もう記憶も定かでないのだけど、たぶん1986年の夏だったと思う。

当時、毎夏、蓬莱山の麓、びわ湖バレイの駐車場でオールナイト・ジャズ・フェスティバルっていうのが開催されていた。

コンサートを聴きに行くっていうより、遠く聞こえる演奏をBGMに焼き肉で宴会っていう乗りだった。

騒ぎ疲れた深夜、蒸し暑さに寝られるわけもなく、ちょっとは真剣に聴くかと無理やりステージ前へ。

ちょうど、お気に入りのMALTAのステージで、「Manhattan in Blue」を演奏中だった。
レコードで何回も聴いていた曲の生演奏にちょっと幸せな気分に。

MALTA & Hit and Run - Manhattan in Blue
携帯用動画リンク

そうこうしているうちにMALTAのステージも終わり、MCがミシェル・ペトルチアーニの名前を告げる。

ペトルチアーニ?セットリストにも載ってなかったのでは?誰それ?って感じ。
ステージに現れたのは身長が100cm程の小人のピアニストだった。ソロだったと思う。

そして演奏が始まった途端、紡ぎだされるピアノの旋律に一瞬にして魅了された。

曲目は覚えてないけど、力強いタッチと澄みきった響きが共存し、比良の山にこだまする。
こんな蒸し暑い夜なのに寒気を覚え、鳥肌が立った。


今、検索してもびわ湖ジャズフェスに彼が出演してたという情報が見つからない。
あれは夏の夜の夢だったんだろうか。



ミシェル・ペトルチアーニ
1962年生まれ。先天性の骨生成不全症の障害を背負い、二十歳までも生きられないと宣告されていた。
クラシックピアノからジャズに傾倒し、13歳で初コンサート、18歳でトリオを組む。
フランス人初の名門ブルーノート・レコード専属契約ピアニスト。
1999年 ツアー先のニューヨークで肺炎のため急逝。享年36歳であった。



彼の演奏は打鍵の強さから他の弦の共鳴を生み出し、厚みのある「音」を醸し出す。
それでいて、綺麗な音と繊細でロマンチックな旋律に心を奪われる。
彼にとって障害が音楽性にどのような影響を与えたのかは知る由もないが、少なくとも、聴く者にとって何のエクスキューズを与えるものではない。単純に「ペト」のピアノに惹かれるだけ。

そんな彼の演奏の中でも「September 2nd」はお勧めです。美しい旋律と展開の意外性、緊張感溢れるインプロビゼーション、そしてロマン。彼の魅力がいっぱい詰まっています。


Michel Petrucchiani - September Second

携帯用動画リンク

こちらは1991年のアルバム「Playground」から
トリオのライブの緊張感はなくFusionアレンジだけど、ピアノは絶品。途中からの奔放なアドリブは悶絶!

携帯用動画リンク

短い生涯をピアノと共に駆け抜けた彼が残してくれた音の遺産に感謝します。

ライブ・イン・コンサート [DVD]ライブ・イン・コンサート [DVD]
(2002/12/11)
ミシェル・ペトルチアーニ、スティーブ・ガッド 他

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ



プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村