FC2ブログ

京都・南山城 鷲峰山金胎寺の行場巡りでプチクライミング気分

冬の時期、寒さでこもっていると体がなまりそう。
どこか手頃な山に行きたいけど、普通の山行では面白くない。

「京都 秘境 山」とかでググったところ、京都の南山城に行場巡りができるところがあるらしい。

ブログなどのレポートを見ると、中々コンパクトにまとまって、それなりの岩場もあって面白そう。

これは行くしかないと思ってたのですが、週末になると天気が崩れるというパターンで実現できてませんでした。

久々に晴れた2月21日、やっとこさ行ってきました。

その場所は鷲峰山金胎寺(じゅうぶざん こんたいじ)で開祖は役小角とか。

宇治田原から府道62号経由で金胎寺最寄りまで車でアクセス可能と非常に便利。
自宅からでも1時間ちょっとで着きます。

kontaiji.jpg

金胎寺の参道近くのスペースに路上駐車し、先ずは境内へ
DSC00392s.jpg

5分程で山門に着きます。
この時期なのか、常になのか、人っ子一人いません

DSC00396s.jpg

行場巡りは境内の奥から進みますが、入山料300円となっています
DSC00397s.jpg

良く踏まれた登山道をしばらく進むと「迎え行者」の像が迎えてくれます
DSC00401s.jpg

「行場の辻」 行場はぐるっと周回してここに戻ってくる感じ
20160221 115504

ルートはとにかく谷筋まで下降します。
途中で「東覗」、「西覗」と断崖脇を進みつつ、最後は岩場を急下降します。

「東覗」
20160221 115929


だーっと降る下降路を下から見たらこんな感じ。
結構な傾斜で部分的に鎖場があります。前日の雨で落ち葉がスリッピーでちょっと怖い…

20160221 120655

下った後は「胎内くぐり」に進むはずが、そのまま下降して谷まで下りてしまいました。
戻るのもだるいので今回はパスです。

降りたところが「千手の滝」
20160221 120928

そのまま谷筋を降ると「五光の滝」です。
両脇に御神木を従えた立派な滝で、修行場の雰囲気満載ですね。

「五光の滝」 日が当たると虹が架かるのでこの名前が付いたのかも
20160221 122404

滝の横には不動明王像がまつってありました
20160221 121424

ここから50mほど谷筋を進んだあと、今まで下りた分を登り返す形になります。
岩場の多い尾根を登るようなルートなので、ここからプチクライミング気分ですね。

「護摩壇」 反対側に仏像がおかれたテーブル状の岩があります
20160221 125905

「鐘掛」 必ずまき道があるので、無理しなくても進めます。直登は鎖がなければちょっと緊張するレベル。
20160221 130149

「小鐘掛」 ハングした岩だけど、右横から簡単に通過可能。
崩れないようにセメントで補強されてます。

20160221 130530

次が今回一番見たかった「平等岩(10m)」
20160221 131933

以前は鎖が一直線にかかっていて、このフェースを直上するルートもあったらしい。
事故が多発するので撤去されたのでしょうね。

傾斜は70度程度だけど、中間あたりまではホールド、スタンスともに薄い感じ。
グレードなら5.6(Ⅳ級+)程度かな?

まあ、フリーソロする気もないけど、こういうのが一般ルートで設定されていたのもびっくりします。
(クライミング経験のない人にとっては鎖を腕力で耐えて登るのかな?…恐ろしい)

ルートはフェース側面を直上、さらに右に容易な巻き道もあります。
20160221 132156

凹角沿いに登りたくなるけど、カンテに出た方がずっと楽ちんです。

この後はひたすら簡単な岩稜を登らされるのですが、結構息が切れます。
10分も登れば「行場の辻」に戻って、周回完了です。

途中でお昼休憩40分を含めて2時間で周回しました。



ルートはペンキだらけで迷ううことはありません。(って胎内くぐり飛ばしたけど…)
岩場もホールド自体にいちいちペンキでマークされているので問題ないでしょうし、容易な巻道もあります。

とはいえ、滑落による死亡事故もあるようなので気をつけないとね!

よその行場がどんなのか知らないけど、結構変化に富んで面白いルートでした。

今度はロープ持っていって、平等岩を直登してみようかな?

金胎寺に向かう途中には立派な茶畑がありました。さすが、宇治田原ですね。

見事な造形の茶畑
20160221 142029


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト



山岳模型 「やまつみ」 で疑似登山もいいかも!

脊柱管狭窄も劇的な改善はなく、そろそろ手術も考えてる今日この頃です。

地図を眺めながら想像で疑似登山して慰めてたりするのですが、この前、ネットでこんなのを見つけました。

山岳模型 「やまつみ

要は、等高線毎の厚紙を積み重ねて立体の山岳地形モデルを作るキットです。

小学生の頃、日本地図でこんなのやりましたね!

作り方はこんな感じ

「やまつみ」 剱岳・立山


「やまつみ」 富士山


それぞれのコンター(等高線)の台紙にはノリがついているようで、位置合わせして積み重ねるだけでできるみたい。

50000分の1スケールで等高線は20m、高さの強調は1.4倍でなかなかリアルじゃないですか!

こつこつ積み上げて、山頂に至ったときは登山と同じような達成感がありそうですね。

「穂高連峰」とか作ってみたいけど、32,000円以上の価格はちょっと躊躇します。

国土地理院の基盤地図情報なんかから自作もできそうだけど、それはそれで大変。

山に復活できる日を望みながら作ってみようかな?


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

大文字山 リハビリハイク

三連休の最終日(2013.11.4)、天気も回復に向かいそうなので、リハビリがてら大文字山に登ってきました。

大文字山2


大文字山は、五山の送り火の象徴である「大」の字の火床があるので有名です。

※俗に「大文字焼き」って言うけど、正式には「五山の送り火」だよん。
 
登り口は色々あるけど、今回は銀閣寺の裏からのアプローチです。

実は、京都に住んでおきながら、大文字の火床は初見参です。



観光客でごった返す銀閣寺道を抜けて、銀閣寺へ
PB041507s.jpg

PB041510s.jpg

銀閣寺の北側に登り口があります。
PB041512s.jpg

大文字の火床までは整備された階段状の道が続く。
トレイルランナーが駆け抜けて行きました。
PB041513s.jpg

登ること30分で火床へ。
これは「大」の字の交点の部分です。
PB041516s.jpg

火床

「大」の右のはらいの火床
PB041517s.jpg

大文字は市内のどこからも見えるということは、ここからも市内を一望できます。
PB041523s.jpg

火床から大文字山までは20分程。普通の登山道になるので足首への負担が大きい。
山頂には三等三角点があるだけで、大文字山を示すものは何もなし。
意外と老若男女で賑わってました。
PB041524s.jpg

下りは京都トレイルに沿って鹿ヶ谷(ししがたに)へ抜けようと思ったのですが、夏の豪雨で道が崩落しているようで、通行止め。
ちょっと遠回りになるけど、南禅寺方面に抜けます。

下って出たところは、サスペンスドラマでおなじみの南禅寺水路閣(疏水)
PB041528s.jpg

永観堂を過ぎて、哲学の道へ
PB041531s.jpg



まだ紅葉のシーズンには早いので、連休でも人はまばらでした。

大文字山から南禅寺までの登山道はいっぱしの山道なので、足首へのダメージは愛宕山よりシビアだったかも。

結構痛みがでたので、帰ってから早速湿布のお世話になりました。

とは言え、駆け抜けるように下れたので、いい感じで回復してるのかな?

そろそろ比良あたりなら登れるかも!


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村