FC2ブログ

おすすめの山岳図書 ~ エッセイ編 その1

・山を遊びつくせ 柏瀬 祐之 ★★★

既に絶版で入手困難な本の紹介でごめんなさい。

P2241340.jpg


著者の柏瀬氏は、1970年代、国内でのめぼしいルートの初登攀も成され、谷川岳も冬季・単独などに価値のよりどころを求める時代になっていた頃、重箱の隅をつつくような初登攀偏重主義へのアンチテーゼとして「谷川岳一ノ倉沢全壁トラバース」を実行したことで有名です。
また、日本登山大系の編者の一人です。

「アンチテーゼ」と書きましたが、実際はそんな大げさな話ではなく、いくら登り込んでも一ノ倉沢を登りきった実感が得られないので、「それでは横切ってやろう」という単純な動機だったようです。
(本書 収録「なぜトラバースを」)

本書は「山と渓谷」や「岩と雪」に掲載された著者の記事に新たな書きおろしを加えたエッセイ集です。

著者は登山、登攀の登りきった後の「達成快感」だけでなく、どうやって登ったか、いかに興じたかの「過程快感」に登山の面白さを定義しています。

また、難易度重視の時代に「インタレスト・グレード」(面白さのグレード)を提唱しました。

エッセイは、どれも「過程」の面白さが軽妙な語り口で綴られているのですが、登山のジャンルにとらわれない自由な発想と視点には脱帽します。

「なぜ山に登るの?」 
「こんな面白いこと、他にないでしょ!」
 

って納得してしまいます。

この本を読んで以来、「山を遊びつくせ」が登山での私の座右の銘になりました。



随分前ですが、柏瀬さんとは伊豆の城山南壁でご一緒させてもらいました。

その時私は右も左もわからないクライミング初心者で柏瀬さんのこともほとんど知らなかったのですが、指から血を流しながらも「ハードフリーですね~!」とニコニコして登ってられた姿が印象的でした。
それはもう楽しそうで!



山を遊びつくせ山を遊びつくせ
(1991/06)
柏瀬 祐之

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト



自然を愛する全ての人へ

文明を享受する我々は

もうそれを捨て去ることはできない

便利な日々の生活の中で

本能はますます希薄になってしまう

非日常性を求めて山にのぼってみても

帰る先はいつもの日常

生き物として本当はどちらがあるべき姿なのだろう

忙しさと溢れかえる情報に流され

フクシマの現実は

もう忘れてしまったかのよう

人の存在自体が自然に大きなインパクトを与えざるを得ないなら

少しでもそれを軽くしたい



素晴らしい歌詞の歌があります。
自然を愛する全ての人に聴いて欲しい歌です。

地球のうた - クレヨン社
携帯用動画リンク


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


ゲイリー・ムーアのこと

ゲイリー・ムーアが突然亡くなってから、ちょうど2年経つんだなぁ…

って思ってた時、たまたま観ていたフィギュアスケート四大陸選手権の羽生選手のショートプログラムでゲイリーの「パリの散歩道」が流れてきてびっくり!

普段、男子フィギュアスケートなどは観ないので知らなかったのですが、今季のSPでずっと使われてきたんでしょうね。



ゲイリー・ムーアの曲は会社員バンド時代に色々とコピーしたものです。

当時、ゲイリー・ムーアと言えば、正確無比なオルタネイトピッキングの早弾きと日本人の琴線に触れる哀愁のあるメロディアスな曲で日本のギターキッズの間では異常なまでの人気でした。

三度目の来日公演(1985年)は京都会館に足を運んだのですが、第一ホールの半分しか客が埋まっておらず、開演前に「盛り上げてやってください」的なアナウンスが流れるなど、ちょっと寂しい感じでした。

日本市場を狙った歪なプロモーションの無理が出始めた頃だったのかもしれません。
1987年には「夜のヒットスタジオ」なんかにも出演してましたが、完全な口パクだったように記憶してます。

ゲイリー本人はあまり日本に来たくなかったのかも…

ゲイリー・ムーアは2011年2月6日に休暇先のスペインで心臓発作のために急逝しました。



ではでは、ゲイリー・ムーアの曲を2曲程ご紹介。

先ずは、ゲイリーの曲の中でも最もメロディアスで華やかな「Always Gonna love You」
日本での人気を決定付けたアルバム「Corridors of Power」収録の珠玉のバラードです。
ストラトでなんでこんな図太い音が出せるんだろうね。




1990年あたりから、彼の根っこであるブルースに回帰します。
でもギターはゲイリーそのもの。泣けます!

Gary Moore - Still Got The Blues



時代に左右されず、自らのスタイルを貫きとおしたゲイリー。
ギターも曲もボーカルも彼ならではの世界でした。
今でも私のスマホには彼の曲がいっぱい入ってます。


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ




紀州口熊野マラソン走ってきました

本日(2013/2/3)紀州口熊野マラソン走ってきました。

20130203_082847_2.jpg

0s.jpg


フルマラソンは初めてなんですが、2月始めとは思えない快晴&高い気温で汗だく。
4時間半程度のタイムで走れればいいかな?って思ってたのですが…

30km過ぎまでは順調だったけど、残り10kmで股関節が痛み出し、全然足が前にでない(^^;
屈伸したりストレッチしたりしたけど、治らず、残りはよたよたと歩くようにしてゴール。

4s.jpg


結局、完走しましたが、タイムは5時間15分というていたらく…

忙しくてほとんど走れてなかったことを考えると、完走できただけでも上出来としくか。

20130203_215955.jpg

メジャー大会の抽選に漏れて、やけくそでエントリーした口熊野マラソンですが、
大会の運営もスムーズで、沿道の皆さんの応援もめちゃくちゃ暖かくて楽しめました。
コースもあまり起伏もなく、走りやすかったですよ!

給水所の南高梅の梅干しがGOOD!むさぼり食ってしまった(笑)

京都からはちょっと遠いのが難点ですが、また出てもいいかな?って思わせる大会でした。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村