FC2ブログ

山岳遭難 壮絶極まる闘病記

・ひび割れた晩鐘 亀山 健太郎 ★★
副題:「山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えて」

退院後、骨折治療の情報をネットで調べている時に、著者の闘病記の存在を知った。

自分と同じ、沢登り中、滝の登攀での滑落、そして骨折という似た状況での闘病記ということで、すぐさまAmazonにて注文、身につまされながら一気に読了した。



著者は丹沢・源次郎沢を遡行中、F5左リッジ登攀中に滑落、両足の脛骨を開放骨折(骨が体外に飛びでる骨折)してしまう。

骨折の状況は滝つぼから飛びだした骨片を拾うほどの酷さであった。

遭難発生から救助、救急搬送されるまで、17時間、そして緊急手術。

本当の戦いはそこから始まった。

開放骨折の場合、露出した骨髄は細菌に侵され、切断の危機に曝される。

案の定、沢水に曝された骨は感染を発症し、5ヵ月以上の期間と実に7回の全身麻酔による洗浄と消毒を経て、感染による下肢切断の危機を克服した。

しかし、粉々に砕けた脛骨はそのままでは整形の手立てはなく、残された唯一の手段である「イリザロフ法による骨延長術」を選択するしかなかった。

イリザロフ法とは健全な骨を切断し、ワイヤーで固定した創外固定装置にてじわじわと骨を引き離しつつ、出来た間隙に新たな骨組織を形成して失われた骨を延長する方法である。

延長は1日1mm、著者の場合は両足10cm以上の伸展が必要であった。

そして事故から1年4ヶ月の入院を経て、絶望の淵から松葉杖での二足歩行ができるまで回復した。


本書は、遭難から救出の顛末、感染症との戦い、イリザロフ法での治療、そしてリハビリを日々の葛藤、諦念、焦燥、希望を交えて患者の目線からの詳細な記録である。

また、医師や看護師、理学療法士とのコミュニケーションから始まり、入院生活全般や治療費のことなども詳しく書かれており、怪我のレベルは異なるが、同じ経験をした自分としては、「うんうん」と頷きながら一気に読まされた。

著者はその強靭な意志と努力で自分の足で歩けるまで回復したが、治療とは患者自身の積極的な参加なくしては成り立たないということが実感される。

尖鋭的登山の遭難記でもなく、市井の誰にでも起こりうる事故の顛末、闘病記がこうして出版されたことの意義は大きいと思う。

昨今の登山ブームの警鐘として全ての登山者に、また、患者側の視点での医療現場、刻々と変わる患者の心理を知るうえでも医療に携わる人々に、さらに、今なお闘病に苦しむ患者に一読をお勧めする。


ひび割れた晩鐘―山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えてひび割れた晩鐘―山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えて
(2007/06)
亀山 健太郎

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト



地中海の舞踏 再び

久々のアコギネタです。

もう、30年以上前、出自の全く異なる3名のスーパーギタリストが一同に会しアコースティックギターでのセッションを行いました。

この歴史的イベントは「Friday Night in San Francisco Live」(邦題:スーパーギタートリオライブ)としてCD化され、いまだに色褪せない輝きを放っています。


Friday Night in San Francisco - LiveFriday Night in San Francisco - Live
(1997/09/25)
Al Di Meola、John Mclaughlin 他

商品詳細を見る


その3名のギタリストとは

ジョン・マクラフリン (Jon Maclaughlin)
アル・ディ・メオラ (Al Di Meora)
パコ・デ・ルシア (Paco De Lucia)


であり、それぞれのギタリストを語るだけで一冊の本になってしまいます。

その中でも最もすさまじいインタープレイを披露してくれているのが「地中海の舞踏」(Mediterranean Sundance)

パコとアルのバトルはお互いの超絶技巧をぶつけ合いながらも一分の隙もない完成度で、これがライブでのパフォーマンスかと驚きを隠せません。奇跡的名演奏です。

少なくともギター好きなら最初から最後まで釘付けになること請け合います!

Paco De Lucia & Al Di Meola - Mediterranean Sundance

携帯用動画リンク



CDでは数えきれないほど聴き込んだ曲ですが、映像はないかとYoutubeで検索。

比較的最近の「地中海の舞踏」再演の動画がありました。

当時の演奏と比べるとテンションは大人しい感じですが、お互いの技量を知り尽くし、信頼し尽くしたアイコンタクトでの余裕のある演奏が素晴らしい。

Paco De Lucia & Al Di Meola - Mediterranean Sundance

携帯用動画リンク

相変わらずパコの歯切れのよいアポヤンド(ピカード)には驚愕します。
パコの無茶ぶりを受けてもさらりとかわすアル・ディ・メオラ…全く楽しんでますね!
老成するってのはこういうことですね。


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ

骨折日記 ~滑落事故から56日 クララが立った!

退院から一週間、自主リハビリの毎日です。
あまりトピックス的なこともないけど、簡単にまとめておきます。

ブログが「山と音楽」から「骨と痛み」になっちゃってますね(^^;
そろそろ他の記事も書かないと…


【7月7日】

両松葉杖で梅小路公園を往復。
公園内で片松葉での歩行練習。
片松葉では長時間は痛みで歩けない。

車の運転は全く問題なし。これで行動範囲が広がるわ!

本日の歩数:10196歩

【7月8日】

梅小路公園を往復(帰路は片松葉杖)
最後はかなりの痛みを我慢して家に辿りつく。

痛みもさることながら、異常な暑さでバテそう…

本日の歩数:12126歩

【7月9日】

リハビリ外来 本日より全加重開始。

といってもいきなり片足立ちはきついので、60kg程度までの加重/抜重を繰り返す。
痛さはそれほどでもないけど、関節への圧迫感がすごい。
支えるための筋力が足りない感じで不安定。(ふくらはぎあたり)

帰ってから梅小路公園往復(片松葉つえ)
往復4kmを片松葉で歩けた!
痛みはそれなりに有り。

本日の歩数:11987歩

【7月10日】

事故を起して以来、初めての大阪事務所への出社。
JR、地下鉄を乗り継いで片道1時間半かかった。(片松葉杖)

ラッシュは避けたものの、人混みと階段の多さで疲れる。
通勤自体はイレギュラーな状況が多く、公園などを歩くのに比べてより効果的なリハビリになると思う。

久しぶりの事務所では基本、デスクワークなので、足の問題はなし。
事務所では歩かないから、歩数増えません。

本日の歩行数:5696歩

【7月11日】

退院後、最初の外来受診。
レントゲン撮影の結果、関節面も綺麗に平行になっているし、骨も結構付いてきてるので、かなり良好な状態とのこと。
ここまできたら、かかとが崩れることはないので、どんどん全加重かけて良いみたい。

帰ってから松葉杖無しで歩いてみる。

恐るおそる右足に体重をかけて、左を一歩前へ。

ん、意外といけそう…そのまま歩きまわる。

クララが立った!\(^o^)/ってな感じの55日ぶりの二足歩行でした。

さすがに、関節に結構強い痛みがでるけど、少なくとも家の中では松葉杖なしで過ごすようにしよう。

どうしても痛みを庇った歩き方になってしまうので、意識して、左足と同じような足、腰運びで歩く…おい!痛いぞ!!

本日の歩数:7387歩

【7月12日】

本日も大阪事務所に出勤(片松葉杖)

昨日の杖なし歩行のせいか、朝から関節が痛む。
そんなときは負荷を軽減して足を休ませる方がいいのかな?

相変わらず通勤の負荷は大きく、汗だくになる。

週末なので早めに切り上げ、本当に久しぶりのスーパー銭湯にチャレンジ!

行くか行くまいか結構悩んだけど、意を決して、以前良く行ってた「嵯峨野 天山の湯」へ。

足底板、松葉杖なしでの銭湯はひやひやもんだけど…

サウナ…気持ちいい!気持ちいい!気持ちいい!ヽ(*´Д`*)ノ

水風呂…めっちゃ気持ちいい!!ヽ(`∀´)ノ ウヒョー

あー、生きててよかった!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

温泉で足を温めてマッサージもたっぷりしたんだけど、効果の程はどうかな?

(実はスーパー銭湯大好きです!ほぼ2か月ぶりのスーパー銭湯でした(感激))

本日の歩数:5605歩



そんなこんなでリハビリ頑張ってます。

あのかかとの状態からしたら、かなり順調に回復してるように思います。

痛みはまだまだ強いけど、出来ないことが出来るようになる達成快感があるから続けられると思う。このあたりは山登りと一緒ですね!

まめに報告してきた骨折日記ですが、また大きな変化があったら報告します。


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

骨折日記 ~滑落事故から50日 退院!

【7月2日】1/2加重開始

本日より1/2加重をかけだします。

右足を体重計に乗せて35kgまで恐るおそる加重。
20130705_131820.jpg


今までにない圧迫感とジーンと痺れたような感覚が足裏から突き上げてきます。

くるぶしの前あたりと足底筋がずきずきと痛い…

けど、久しぶりに二本の足でまっすぐ立った感覚は新鮮でした!

しかし、これは結構辛い…我慢できないレベルではないものの、骨が悲鳴を上げている感じです。

骨も関節も委縮しているから仕方ないか。

どんどん負荷をかけて痛みを超えていかないとあかんやろね。


【7月3日】片松葉歩行開始

今日は片松葉歩行にチャレンジ。

右足負傷なので、松葉杖は左側に持ちます。

リハビリの先生に「ちょっと歩いてみて」と言われて歩いてみるけど、右足に乗り切れず、体は左に傾いて杖に頼ってしまいます。

後ろから体の軸をまっすぐにサポートしてもらって歩いてみると、どう考えても1/2加重をオーバーしているように思えます。

私:「かなり右足に体重かかってんすけど?」

先生:「そんなもんですよ。杖は突いてるだけで、結構補助になってますし」

そうなんかな?杖突き忘れて、2,3歩歩いた時の感覚と変わらないんやけど…(^^;

しかし、相変わらずの痛みで、それを回避するので、やたらと高速歩行になってしまいます。
(要は右足の接地時間を短くしようという魂胆)

ゆっくり歩くと痛みでかえってまともに歩けない。

何れにしても、やっと本格的リハビリっぽくなってきました~!

ちなみに、手術の傷口もようやく塞がりつつあり、今週土曜には退院できそうです。

【7月6日】退院!!

長かった入院生活も本日で終了!

5月27日入院ですから、36日間の入院でした。

お世話になった先生、看護師、その他スタッフの皆さま、ありがとうございました!

特に、看護師の天然娘Sさん、ギタリストKさん、猫マニアSさん、おかげで退屈な入院生活も楽しめましたよ!

退院といっても、リハビリはまだまだこれからです。

山への復帰を目指して頑張らないと!


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村