FC2ブログ

言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に…

久しぶりの音楽ネタです。

エリック・クラプトンの最後?の来日公演が2016年春に決定したみたいですね。
彼ももう70歳なので、やっぱり最後でしょう。

クラプトンと言えば、思い出すのが1975年の来日公演。
当時、高校生だった私はなけなしの小遣いをはたいて大阪フェスティバルホールに聴きにいきました。

内容はよく覚えてないのですが、「Double Trouble」がずしんと心に響いた記憶があります。

それよりも観客のヤジが大阪満開で、

クラプトンがコンサートではお決まりのタバコを吸う場面では、

「おっさん、ここ禁煙やど~」(爆笑)

とか、女性ボーカルのマーシー・レヴュが登場すると

「ええぞ~!ねえちゃん!」(爆笑)

とか、期待を裏切らないノリで、それしか印象に残ってないような (笑)



で、本題なんですが、この公演の前座が和田アキラを中心とする「プリズム」だったんです。

その時は「プリズム」って何ってな感じだったんですが、演奏が始まったとたん、頭を殴られたような衝撃を受けました。
フージョン+ジャズ+プログレの洗練された楽曲と高度なテクニックに周りの観客も釘付けになっているのが判りました。

なんやこれは!(゚Д゚)

とパンフレットに挟んであった「プリズム」のビラには今回のブログのタイトルのキャッチコピーが。

「言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に」

ん~、なんともかっこいいコピーやん!
まさに、このキャッチコピーを具現化する演奏がそこにありました。

セットリストはよく覚えていないけど、クラプトンよりもよほど印象に残ったくらいです。

その中でも今でも覚えている曲が「Morning Light」です。

プリズム Morning Light


帰ってからレコード(笑)を探しまくったけど全く見つからない。今みたいにググるわけにもいかないし。

それもそのはず、彼らのファーストアルバムは1977年リリースでした。

コンサートの時にはあの「四人囃子」(っていっても知ってる人はレアでしょうが)の森園勝敏もギタリストで参加していたような。

彼らの後にカシオペアなどが続き、日本のフュージョンブームとなるのですが、彼らのファーストアルバムは今なお輝きを失わない傑作だと思います。

懐かしさのあまり、先ほど、「プリズム」ファーストアルバムをAmazonで購入してしまいました。(笑)

最近のプリズムのパフォーマンス動画も見つけたので張っときます。

プリズム Love Me (2015 新橋 ZZ)


和田アキラがアンディー・ラティマーに見えてきた(笑)

で、こんなのも。

プリズム 森園勝敏 Lalena (Deep Purple Cover)


和田アキラのギターシンセに涙…

ジジイの懐メロネタでした(^o^)

PRISM/ポリドール

¥1,572
Amazon.co.jp


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト



久々のクライミングはビギナー軍団で大騒ぎ!

前回、金毘羅クライミングに一緒に行ったS君に

「クライミングどう?」

ってお誘いをかけたところ、あれよあれよとビギナーが集まって、総勢6名の賑やかなクライミングになりました。

行き先はまた「金毘羅」です。(他に行くとこないのか?)

だって、S君が前回の宿題をどうしても片づけたいっていうもんですから。
いやいや、ホント金毘羅ってほっこりするんですよね~。人も少ないし。

ということで、図らずして初心者講習会とあいなりました。



DSC00083s.jpg

初心者が楽しめる場所といえば、やはりホワイトチムニー。
さっそくトップロープをはって各自好きなように登ってもらいます。

他のグループがいないのもあって、大騒ぎ。

とてもブログには書けないような会話で笑い転げながらのクライミング。
ひよっとしてやばそうなグループなので誰も寄りつかなかったのかも(^^;


A君は登山経験は一切なし。沢登りに次いで、今回が初クライミングです。
さすがにこの靴ではきつわな(^^;
DSC00069s.jpg


経験者だけど、金毘羅初お目見えのY君はコーナーハングのオンサイト狙い…
ハングドッグの末、なんとか抜けたけど、ほぼ終了状態
DSC00079s.jpg


一人ストイックに課題(コーナーハング)達成を目論んでいたS君。
まわりのバカどもの騒ぎをよそにスムーズに登ってガッツポーズ!
DSC00078s.jpg


私はほとんど登らなかったのですが、最後にロープ回収のため、骨折以来の「ゴジラ 5.10b」へ
A君が動画を撮ってくれてたのでリンク貼っときます。

ゴジラ(右ハング) 5.10bらしい…


※公序良俗に反するかもしれないので、音声はカットしております (笑)



実はこの日は私の誕生日でして、大変楽しい一日を過ごさせていただきました。

初体験のA君も登れなかった悔しさで早速道具購入の検討をしております。
あはは、見事にハマりましたね!

さて、次はいつ行こうってことだけど、このメンバー構成が怖い…
DSC00084s.jpg



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

中津川はワンダーランド

仕事関係で観光資源の調査のため、中津川に日帰り出張してきました。

中津川と言えば、中山道の宿場町、妻籠 馬篭が有名ですが、今回は地元の人しか知らないような隠れた観光スポットを案内して頂きました。

お世話になったのは地元で木工品を製造、販売されている大蔵木工所の次期社長、大蔵 衛さんです。

現社長の大蔵 充夫さんは現役の木工職人さんです。
DSC00012s.jpg

DSC00016s.jpg




まずは、中津川市高山の芝居小屋「常盤座」
DSC00018s.jpg

明治24年落成で平成に入って大改修された地歌舞伎のための芝居小屋です。
観客は400名程度のキャパで、年に数回、地元の有志の素人歌舞伎が上演されています。

予約すれば楽屋や奈落などを見学できます(無料)

一般の利用もできるみたいで、一日15,000円程度とかの激安料金!

ここまでの足が問題ですが、いろんなイベントで使ったら面白いですね。
DSC00022s.jpg




お腹が空いたので、お昼は「くるまや」で蕎麦を頂きます。

やっぱりざるそばがおススメ!うまい!
DSC00041s.jpg

くるまやさんは本店が木曽福島の創業300年の老舗です。
学生の頃もよく山の帰りに寄ってました。

お次は中津川駅の近くの桃山公園内にある「女夫岩(めおといわ)」

日本各地にある男女のシンボルを祭ったスポットは色々ありますが・・・

ここのはやたらでかい!(@@;)

特に男性シンボルがど迫力!





どーん!まいったか!
DSC00043s.jpg

サイズとしては日本最大級とか(笑)

通路を隔てて女性シンボル
DSC00044s.jpg

仰向け?うつ伏せ?こちらはちょっと想像力がいります。

ちなみにこの女夫岩のすぐ横に子供科学館があります。恐るべし中津川(笑)




気を取り直して、お次は「苗木城跡」に向かいます。

苗木城は木曽川を望む岩山に築かれた山城で、自然の巨石を巧みに用いて構築された、大変珍しい城です。
こんなところによく城を作ったもんです。

苗木城の復元模型。城というよりは砦ですね!
DSC00060ss.jpg

現在は礎石や石垣のみが残っています
DSC00048s.jpg

天守の位置には櫓が組まれて展望台になっています
DSC00055s.jpg

展望台から木曽川と中津川市街。
手前をリニア新幹線が横切る予定です。

DSC00053s.jpg

こんな巨岩がゴロゴロ。ちょっと登りたくなる(笑)
DSC00058s.jpg

このあたりは地形的に朝靄が出やすく、タイミングが合えば霞に浮かぶ苗木城がみられるかも。
まさに「天空の城」ですね!
天空の城と言えば、竹田城が有名で観光客が押し寄せていますが、ここもブレイクするかもね!




最後は恵那の岩村へ。

ここは岩村城の城下町で、今も古い街並みが保存されています。

古民家の見学もできますが、観光地というよりは住民の方も普通に生活されている街並みです。
妻籠・馬篭や高山のさんまち通りを期待して行くと外しますよ!

夕暮れちかくで観光客はほとんどいません。
DSC00061s.jpg

妻籠・馬篭に飽きた人はこちらを訪れるらしい。
山城・岩村城跡もありますが、時間切れで行けませんでした。



今回、地元の人しか知らないようなマイナーな史跡などを訪れましたが、広報の仕方や口コミでの広がりで第一級の観光地になるかもしれません。
ちょっと地味な中津川ですが、潜在的な観光資源は結構なものです。
これに妻籠・馬篭もあるしね。

仕組みを考えて盛り上げていけたら面白い!


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村