スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳遭難 壮絶極まる闘病記

・ひび割れた晩鐘 亀山 健太郎 ★★
副題:「山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えて」

退院後、骨折治療の情報をネットで調べている時に、著者の闘病記の存在を知った。

自分と同じ、沢登り中、滝の登攀での滑落、そして骨折という似た状況での闘病記ということで、すぐさまAmazonにて注文、身につまされながら一気に読了した。



著者は丹沢・源次郎沢を遡行中、F5左リッジ登攀中に滑落、両足の脛骨を開放骨折(骨が体外に飛びでる骨折)してしまう。

骨折の状況は滝つぼから飛びだした骨片を拾うほどの酷さであった。

遭難発生から救助、救急搬送されるまで、17時間、そして緊急手術。

本当の戦いはそこから始まった。

開放骨折の場合、露出した骨髄は細菌に侵され、切断の危機に曝される。

案の定、沢水に曝された骨は感染を発症し、5ヵ月以上の期間と実に7回の全身麻酔による洗浄と消毒を経て、感染による下肢切断の危機を克服した。

しかし、粉々に砕けた脛骨はそのままでは整形の手立てはなく、残された唯一の手段である「イリザロフ法による骨延長術」を選択するしかなかった。

イリザロフ法とは健全な骨を切断し、ワイヤーで固定した創外固定装置にてじわじわと骨を引き離しつつ、出来た間隙に新たな骨組織を形成して失われた骨を延長する方法である。

延長は1日1mm、著者の場合は両足10cm以上の伸展が必要であった。

そして事故から1年4ヶ月の入院を経て、絶望の淵から松葉杖での二足歩行ができるまで回復した。


本書は、遭難から救出の顛末、感染症との戦い、イリザロフ法での治療、そしてリハビリを日々の葛藤、諦念、焦燥、希望を交えて患者の目線からの詳細な記録である。

また、医師や看護師、理学療法士とのコミュニケーションから始まり、入院生活全般や治療費のことなども詳しく書かれており、怪我のレベルは異なるが、同じ経験をした自分としては、「うんうん」と頷きながら一気に読まされた。

著者はその強靭な意志と努力で自分の足で歩けるまで回復したが、治療とは患者自身の積極的な参加なくしては成り立たないということが実感される。

尖鋭的登山の遭難記でもなく、市井の誰にでも起こりうる事故の顛末、闘病記がこうして出版されたことの意義は大きいと思う。

昨今の登山ブームの警鐘として全ての登山者に、また、患者側の視点での医療現場、刻々と変わる患者の心理を知るうえでも医療に携わる人々に、さらに、今なお闘病に苦しむ患者に一読をお勧めする。


ひび割れた晩鐘―山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えてひび割れた晩鐘―山岳遭難・両足切断の危機を乗り越えて
(2007/06)
亀山 健太郎

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感染症

感染症になるとどういう危険があるのか、ということをわかってなかった〜!と気づきました。ケガそのものよりも、あとあと大きな影響があるんですね。この方はケガも大変な内容だったみたいですが…
ちょっと読む気分にはなれなそうですが(苦笑)、紹介ありがとうございました。

Re: 感染症

こんばんは、MomoPeachyさん。

綺麗に見える沢の水も雑菌だらけみたいですね。
自分も開放骨折してたら未だに入院してたかもです。
つくづく沢登りは登山の中でもリスクの高いジャンルだと思いました。

でも、面白いんですよね!(懲りないやつ…)
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。