スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国への滑滝 - 巻機山・米子沢 2007

足の怪我で山(沢登り)に行けない今シーズン、過去の記録の整理がてら、お勧めの沢を紹介します。

上越、巻機山は日本百名山に挙げられており、四季を通じて多くの登山者を迎えています。

その巻機山に源をなす米子沢(こめこさわ)は上部の素晴らしい滑滝のプロムナードと源頭の広大な草原から、沢ノボラーに絶大な人気を博している名渓です。

実際、延々と続く長大な滑滝はそのまま空の彼方まで届きそうで、まさしく

「天国への滑滝」

快晴の日に遡行すれば、気持ちよさでそのまま昇天間違いなし!



遡行日:2007.10.6 曇りのち快晴

堰堤から入渓(7:07)-40m滝の高巻き開始(7:55)-ゴルジュ入口(10:00)-

ゴルジュ出口のチムニー(10:30)-ゴルジュを抜けて昼食(11:00~11:30)-

滑滝のプロムナード開始(12:00)-源頭の二股(13:30)-避難小屋 遡行終了(13:55)

米子沢s

中央が通り抜けられる変わった堰堤から入渓、しばらくゴーロ歩きが続く
PA060003.jpg

PA060005.jpg

ようやく滝が現れ遡行気分が出てきたところで左からナメ沢が出合う。
先の3段35m滝は右岸の立派な巻き道から越える。
PA060007.jpg

PA060009.jpg

巻きの途中からの35m滝。直登するなら2段目のスラブあたりが厳しそう。
極力小さく巻かないと登山道あたりまで追い上げられることになるみたい。
PA060010.jpg

現れる滝は10mクラスのものが多く、適当に確保を交えて乗り越える。
PA060016.jpg

PA060018.jpg

しばらく続く荒れた崩落帯を抜けると、いよいよ「お楽しみ-その①」のゴルジュに突入。
PA060026.jpg

PA060033.jpg

ゴルジュ出口近くのチムニー状の滝を楽しみにしてきたけど…
思ってたより小ぶりでちょっとがっかり。巻きは左岸のバンドから可能。
PA060035.jpg

チムニー滝をステミングで越える。
PA060038.jpg

ゴルジュを抜けた所の明るい滝で昼食休憩。メチャクチャ気持ちいい!
PA060051.jpg

さてさて、ここからが「お楽しみ-その②」の 天国への滑滝

快晴の青空も相まって、至福のひととき。

でも、滑っていて、結構傾斜もあるので、慎重に。

こけると滑り台となり 地獄への滑滝 になるよ!


PA060056.jpg

PA060058.jpg

DSCN1138.jpg

PA060063.jpg

PA060065.jpg

源頭付近も穏やかな草原が出迎えてくれて、藪こぎなど一切ない。
本当にスッキリした沢で、人気があるのも頷ける。
PA060071.jpg

二股を左に入り、踏み跡に導かれて進むと、避難小屋に到着。遡行終了!
PA060079.jpg

巻機山へはここから30分程度かな?
我々は滑滝でお腹いっぱいなので、ピークを踏まずに登山道を下山した。
PA060089.jpg



古い遡行記録で申し訳ありません。
今は動けない分、バーチャル登山で当時の状況を反芻してしまいました(^^;

また、いつか行けたらいいな!

米子沢は2011年頃に35m滝以降が崩落で荒れてしまったようです。
でも、ゴルジュと上部の滑滝は健在のようなので、ぜひ「天国への滑滝」をお試しあれ!


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ああ〜っ

ここ、行きたいなあと思ってる沢です〜
天国へのナメ滝…いい命名ですね。
いける日がきたら、タイトル拝借したい(笑)

癒されました♩

いい写真だぁ!

いい写真ばっかりですねぇ~。きっと、カメラマンの腕がいいんだろうなぁ~。そうですか、崩落しちゃった箇所があるんですねぇ。なんだか、地震や、豪雨で綺麗な自然が年々早いペースで変貌して行ってる印象です。自然だから仕方ないけど・・。いつか行ってみたい!ってとこは、姿が変わって無くならないうちに行かなきゃいけないですね。

Re: ああ〜っ

タイトル、どうぞどうぞ!(笑)
ツェッぺリンの「天国への階段」の捩りです。

米子沢は関東からなら近いですもんね。
ぜひぜひ、昇天しちゃってください!

絶対、快晴の日を捕まえるべし!

Re: いい写真だぁ!

あはは!確かにいい写真ばっかりだったので、ご無沙汰カメラマン撮影分を採用させてもらいました。

米子沢の崩落の原因は豪雨によるものらしいです。
鈴鹿の土石流や北岳バットレス上部の崩落なんかもショッキングでしたね。
なんか日本が亜熱帯化してて、スコール的な豪雨が多くなってきたのも原因なのかも…
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。