スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際宇宙ステーションのトム少佐

昨年末公開された「ゼログラビティ」(原題:Gravity)を見てデビッド・ボウイの「Space Oddity」を連想した方も多かったのではと想像します。

スペースシャトルでハッブルの修理中に宇宙デブリ(廃棄衛星のゴミ)の破片が襲来し、主人公が宇宙の虚空に投げ出されてしまう。
そこからの生還劇を国際宇宙ステーションや中国の宇宙ステーションを絡めて描いたのが「ゼログラビティ」のストーリーです。

着想は「Space Oddity」からであっても不思議じゃない。

ゼログラビティ トレイラー


(Space Oddityに関しては過去記事「トム少佐よ永遠なれ」をどうぞ)

真空、無重力の宇宙空間をひとり漂う。

Planet Earth is blue and there's nothing I can do...
(地球は蒼く、僕に出来ることは何もない)


とトム少佐の絶望と諦念を歌うデビッド・ボウイの歌詞が頭をよぎります。

幼い日に親とはぐれて不安に泣き叫んだ記憶。

遭難寸前のビバークで遠く下界の街の灯を眺めらながら感じた寂寞の記憶。

拠り所の喪失の恐怖は耐え難いものがあります。



なんてことを思っていたら、ISS(国際宇宙ステーション)のコマンダーであるChris HadfieldがISSで歌う「Space Oddity」を発見!

実に、Youtubeでの再生回数は2500万回以上。

歌詞は若干替えてあるけど、あまりにもピッタリ来すぎて新たな感動を覚えます。

まるで彼がトム少佐であるかのようです。

Chris Hadfield(ISS Commander) - Space Oddity


歌詞の変更部分からすると、ISSからソユーズで地球に帰還する心情を歌っています。

Planet Earth is blue and there's nothing left to do...
(地球は蒼く、僕は全てをやりきった)

ミッションコンプリートです。

彼がトム少佐を地球に連れ戻してくれました。

そして…「Ashes to Ashes」に繋がるとしたら、出来すぎですね!


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。