FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメの音楽って半端ないね!

腰の状態は波があって、いまいちスッキリしない状態が続いています。

身動きが取れないので、ブログネタもあまり無く、更新頻度も下がって広告がでてしまったり。
(FC2のブログは一ヶ月更新がないと広告でサンドイッチになって、見づらいこと甚だしい)

で、久しぶりに音楽ネタです。



日本のアニメーションは「Japanimation」っていうくらい、日本のサブカルチャーとして世界に認知されており、海外のオタク達に高い評価を得ています。

ストーリーやアニメ自体のクオリティもさることながら、採用されている音楽も極めて高いクオリティで驚かされます。

そこで、そんなアニメ音楽を二つほどご紹介。

一つ目は「攻殻機動隊/「GHOST IN THE SHEL」劇場版のオープニングテーマ 「Reincarnation 」。

攻殻機動隊は原作は士郎正宗の漫画ですが、劇場用アニメは押井 守監督で1995年に公開されました。

川井憲次が音楽を担当しており、下の動画は2007年のコンサートでのパフォーマンスです。

歌詞に日本古代語を採用し、独特のリズムと旋律は独自の世界観を醸し出し、海外から大絶賛されました。

そこいらのプログレも真っ青になるクオリティー、めちゃ癒されます。

後半は続編の「Innocence」のオープニングテーマ「傀儡謡(くぐつうた)〜怨恨(うら)みて散る〜」と続きます。
ちなみに歌唱は民謡の西田和枝社中が担当です。

Kenji Kawai - Cinema Symphony - Ghost In The Shell OST


傀儡謡は本編中の祭りのパレードのシーンでも効果的に使われています。




もう一曲はTVアニメ「ウルブスレイン/Wolf'Rain」の「Strangers」

音楽は菅野よう子が担当。

菅野よう子は「カウボーイビバップ」「攻殻機動隊」等で数々の名曲を生み出していますが、このウルブスレインでも珠玉の曲を提供しており、アニメのサウンドトラックを超えた素晴らしい完成度です。

その中でも「Strangers」はJazz風味のなかにも日本人の感性をくすぐる哀愁が満ちたお勧めの一曲です。

アニメを見てなくてもウルブスレインの世界観が伝わってきそう。

Wolf's Rain - Strangers




アニメだけではなく、ゲーム音楽にも優れた曲はたくさんあります。

このクオリティの高さはどこからくるのかな?

日本のアニメ、ゲームがカルチャーとして認知されている背景にはその音楽が大きな要素を占めているのでしょうね。


WOLF'S RAIN O.S.TWOLF'S RAIN O.S.T
(2003/03/21)
TVサントラ、steve conte 他

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。