スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に…

久しぶりの音楽ネタです。

エリック・クラプトンの最後?の来日公演が2016年春に決定したみたいですね。
彼ももう70歳なので、やっぱり最後でしょう。

クラプトンと言えば、思い出すのが1975年の来日公演。
当時、高校生だった私はなけなしの小遣いをはたいて大阪フェスティバルホールに聴きにいきました。

内容はよく覚えてないのですが、「Double Trouble」がずしんと心に響いた記憶があります。

それよりも観客のヤジが大阪満開で、

クラプトンがコンサートではお決まりのタバコを吸う場面では、

「おっさん、ここ禁煙やど~」(爆笑)

とか、女性ボーカルのマーシー・レヴュが登場すると

「ええぞ~!ねえちゃん!」(爆笑)

とか、期待を裏切らないノリで、それしか印象に残ってないような (笑)



で、本題なんですが、この公演の前座が和田アキラを中心とする「プリズム」だったんです。

その時は「プリズム」って何ってな感じだったんですが、演奏が始まったとたん、頭を殴られたような衝撃を受けました。
フージョン+ジャズ+プログレの洗練された楽曲と高度なテクニックに周りの観客も釘付けになっているのが判りました。

なんやこれは!(゚Д゚)

とパンフレットに挟んであった「プリズム」のビラには今回のブログのタイトルのキャッチコピーが。

「言葉よりも繊細に、映像よりも鮮明に」

ん~、なんともかっこいいコピーやん!
まさに、このキャッチコピーを具現化する演奏がそこにありました。

セットリストはよく覚えていないけど、クラプトンよりもよほど印象に残ったくらいです。

その中でも今でも覚えている曲が「Morning Light」です。

プリズム Morning Light


帰ってからレコード(笑)を探しまくったけど全く見つからない。今みたいにググるわけにもいかないし。

それもそのはず、彼らのファーストアルバムは1977年リリースでした。

コンサートの時にはあの「四人囃子」(っていっても知ってる人はレアでしょうが)の森園勝敏もギタリストで参加していたような。

彼らの後にカシオペアなどが続き、日本のフュージョンブームとなるのですが、彼らのファーストアルバムは今なお輝きを失わない傑作だと思います。

懐かしさのあまり、先ほど、「プリズム」ファーストアルバムをAmazonで購入してしまいました。(笑)

最近のプリズムのパフォーマンス動画も見つけたので張っときます。

プリズム Love Me (2015 新橋 ZZ)


和田アキラがアンディー・ラティマーに見えてきた(笑)

で、こんなのも。

プリズム 森園勝敏 Lalena (Deep Purple Cover)


和田アキラのギターシンセに涙…

ジジイの懐メロネタでした(^o^)

PRISM/ポリドール

¥1,572
Amazon.co.jp


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。