スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 鈴鹿 赤坂谷遡行 ツメカリ谷下降 水のワンダーランドで大はしゃぎ!

いよいよ本格的な沢登りシーズンの到来!

じりじりと太陽が照りつけて、茹だるような暑い日はやっぱり沢登りですよね。
それも、この時期ならガンガン泳ぎが入る沢がいいに決まってる!

ということで、先日、鈴鹿の神崎川支流の赤坂谷を遡行してきました。

神崎川自体もエメラルドグリーンの淵と急流を併せ持つ水遊びにはもってこいの川ですが、今回は「関西の赤木沢」の異名を持つ赤坂谷を遡行し、南に尾根を乗越してツメカリ谷を下降、神崎川をダウンリバーしようという目論見です。

これでもかというくらいに泳ぎが入るはずなので、カナヅチの私はライフジャケットを準備して万全の態勢。
これで去年のヤバい状況は回避できるはずだ。

会社のメンバーに「めちゃおもろいで~!」って煽った結果、山も含め、ほぼ初心者が4名参加。
....大丈夫かな?
登山の初体験が沢登りって、とっても素敵ですね~!

心配していた天気も上々。
まぁ、なんとかなるでしょと一路高速を飛ばして滋賀県に向かいました。
(この日の7月18日は関西の梅雨明けだったようです。)

例によって、林道のゲートは閉まっているので20分の歩きで入系ポイントの発電所へ。

さてさて、祭りのはじまり~! 
みんな格好だけはいっちょまえです。
IMG_0577.jpg 

しばらくゴーロを進んだところにある淵で最初の泳ぎ。
水温もそれほど低くなく、すでに皆テンションマックスです。

土砂が埋まったのか、以前より浅くなったかも
IMG_0576.jpg 

20分ほどで仙香谷(赤坂谷の下流の正式名称)の出合いです。
夏のキラキラした日差しも差し込んで、本当に気持ちいい。
初心者のメンバーも歓声を上げながらジャバジャバ進みます。

難しいところもなく快適な下流部
IMG_0578.jpg 

IMG_0582.jpg 

しばらくして、核心の8m斜曝。
ここは釜を泳いで岩に取り付き、流れの左を容易に登ります。
念のためにロープを出したけど、皆さん、確保するまでもなく登っちゃいました。

この奥の8m滝で核心はおしまい。
初心者も十分に楽しめるいい沢です。
IMG_0584.jpg 


IMG_0590.jpg 

617mの二股を右にとると赤坂谷。
ここからはなめ滝の連続でこのあたりが「関西の赤木沢」の所以かな?
ってそこまでではないような…

赤坂谷に入ればこんななめ滝の連続
IMG_0591.jpg 

ほどなくツメカリ谷への尾根乗り越しポイントへ。
(枝沢の出会いにケルンが積んでありました)

ここで昼食。もう動きたくない感じ
IMG_0592.jpg 

ツメカリ谷への乗り越しはちょっとミスって赤坂谷に戻ったりしたけど、なんとか辿りつきどんどん下って行きます。
滝はもちろん釜へのジャンプで。

ゴルジュ奥の滝は絶好のダイブポイント
IMG_0596.jpg 

みんな童心に帰って何回も飛び込み大会。
神崎川合流点も近いので、遊びまくりです。

ここはもうウォーターパークですね!


神崎川に出てからは泳ぎ、飛び込みで「もう泳ぎは満腹」状態。
途中で遊びすぎて林道に出た頃にはうす暗くなってました。
初心者をつれての沢登りでどうなるかと思ったのですが、沢登りのエッセンスが全て凝縮された山行でみんな大満足!
ただ翌日は筋肉痛で体がバキバキだったようです。

事情があって中々時間が取れないですが、また計画しよう!


ブログランキングに参加しています。 
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを 
にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

ひろろさん こんにちは!  お久しぶりです。

うだるような暑さの中、沢歩きはメチャクチャ面白そうですね。
私は本格的な沢はやったことがないのですが(私もほぼカナヅチです)
写真を見ていると、その中に飛び込んでいきたくなります。

今年は5月頃の体調不良や家庭の事情などで、夏山・遠征は無理そう
なので、いろんな人の山ブログや、ホームページなどを見ながら夏山を
疑似体験しています。

今窓の外を見てみると、とても好いお天気で・・・ 疑似体験だけではもの
足りないですね。 

次のお休みは六甲山の小川沿いのコースを歩いてみたいと思います。

Re: こんにちは!

りゅうじさん、こんにちは!
ご無沙汰しております。

ちょっとごたごたがあって返事が遅れてしまって申し訳ありません。

今年は夏の遠征は行かれないのですね。
毎年、パワフルに行かれてたのに残念です。

盛夏の沢は本当に気持ちいいですよ!
私もこの夏はあまり行けそうにはないのですが…
一球入魂ではないですが、一沢入魂でどこか狙ってみます。
ただ、最近初心者と同行するケースが増えたので難易度より面白さ優先です。

登山道脇の沢でも足支度さえ整えて入ってしまえば一味違う山行になると思います。
一度、試されては?

ではでは、宜しくお願いします。

はじめまして

2年ほど前、ひょんなことからこのブログを発見し
拝見させてもらってました

また、山、登れるようになられてんですね!!

このブログに出会った時はちょうどリハビリされてる時期だったんで
なんだか感慨深いです

私は神戸発信で山登りしてますの
ご縁があれば山でお会いしましょう!

いきなりのメッセージ 不躾で申し訳ありません。

Re: はじめまして

はるとさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。
最近は色々と忙しく、ブログも更新できてなく、コメントの返信も遅れてしまって申し訳ありません。

骨折は3年前でしたが、今ではほとんどそれを意識することはありません。
我ながらよく復活したもんだと思います。

六甲あたりもこれから行こうかと思ってますので、どこかですれ違うかもしれませんね。
おすすめがありましたらご教示ください。

ではでは。
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。