スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都~大原~三千院 ♪ の近所でクライミング!

先週の土曜に久々のクライミングということで、京都は大原の金毘羅山に出かけました。

金毘羅山のクライミングエリアは昔から京都のクライマーに親しまれてきた伝統あるエリアなんですが、岩の規模や岩質(水成岩)のせいもあり、昨今のフリークライミングエリアと比べるとかなり見劣りがします。

ルートも5.6あたりから5.11b~c止まりでどちらかというと初心者向きかもしれません。

とは言え、京都のクライマーにとっては実家みたいなもので、登りに行けば「ほっこり」する居心地のよいエリアでもあります。



クライミングレポートがてらちょっと金毘羅ロックゲレンデをご紹介。

車でのアプローチなら、以前は江文神社入口の近くの馬屋跡が使えたのですが、今は駐禁なので近くの有料駐車場に止めることになります。
寂光院に向かう脇道の角の駐車場が一番近いかな。(300円/日)


そこから江文神社に向かってひたすら車道を20分。

P4210525.jpg


江文神社へ向かう入口には東海自然歩道の案内板があります。

P4210530.jpg


江文神社へ。神社横を林道を奥に進みます。

P4210531.jpg


事故注意の看板も。少なからず事故も起こっています。

P4210532.jpg


林道から分かれ、左の林の踏み跡へ。これを登って行けばY懸沢に出合います。

P4210533.jpg


Y懸沢を詰めていくと、最初に現れるのがゲートロック。雨の後は乾きにくく、染み出しが多いのでパスが吉かも。5.6~5.10あたりのルートが5,6本あります。

P4210534.jpg


さらに詰めあがるとホワイトチムニーが現れます。ここは日当たりも良く、初心者向きルートも多いので比較的にぎわっています。

P4210535.jpg


「コーナーハング(5.9)」

P4210540.jpg


ホワイトチムニーから尾根を乗り越してトラバース気味に踏み跡をたどると大カンテ岩に着きます。
ここは知らないとまず辿り着けないかも…
大カンテ岩にはお勧めの「フレンチクルーラー(5.11b)」があります。

トップロープの垂れ具合から分かるように、フレンチクルーラーは見た目以上に前傾してます。

P4210548.jpg


フレンチクルーラー核心部へ

P4210550.jpg



久々のクライミングで適度な筋肉痛が心地よかったですね。
それにしても金毘羅は人が少ないなぁ。皆さん、どしどし来てください。

昔のように高難度を追い求める気力もなく、日がな一日、のんびりクライミング。
縁側の日向ぼっこに通じる快感もあり、「昔はな~・・・」などと若い者に講釈垂れるのもありかな?

などと言いつつも、登れたルートが登れないのは悔しい。
密かにトレーニングすっか!


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ、写ってる(^_^;)

金比羅、お世話になりました。kata@若者です。

フレンチクルーラー、名作ですね〜!写真みて、イメトレしておきますので、また、是非、ご一緒させて下さい。

いらっしゃい!

>kata君

ふふふ・・・私もあれから密かにトレしとるのだよ!
次はお先に失礼させてもらうかもね~(^0^)
暑くなる前に行きましょう!

ラジャ!

負けませんよ〜(嘘)

ただ、レストが少ないので、あれをリードするのかと思うとドキドキです(^_^;)
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。