FC2ブログ

クライミングと神経伝達物質・・・そして最後の救い

実際にクライミング経験のある人にはわかると思うのですが、クライミングでのリードの緊張感、困難な状況での心理的葛藤、そして登りきった時の大きな達成感などは他のスポーツとはかなり質が異なります。

これがクライミングが他のスポーツと一線を画する要素であり、また魅力でもあります。

人の情動は様々な状況の中で分泌される神経伝達物質によって支配されています。
なおそらく、クライミングほど神経伝達物質に大きく関わっている行為は無いと思います。
今回はそんなお話。

・困難なルートとノルアドレナリン

未知のルートや困難が予想されるルートに向かうとき、クライマーは大きなストレスに晒されます。
最初の一歩を踏み出すまでの心理的葛藤はクライマーなら誰でも経験があると思います。

人は大きなストレスを感じると脳幹からノルアドレナリンが分泌されストレスを収束する行動-闘争か回避か-を行います。

クライマーは自分の技量とルートの状態などを測り、合理的に戦略を立てます。
心拍数が上がり、脂肪からエネルギーを放出して筋肉のすばやい動作が可能となります。
そしてクライミング! 闘争の開始です。

クライミング中も同様で、ルートの困難な箇所に差し掛かり、身動きが取れない状態になった場合、ノルアドレナリンが大量に分泌され、困難の克服に全力を投入します。

・完登 - 多幸感とドーパミン

なんとか困難を克服してルートを完登。至福の時です。

アドレナリン作動神経系の興奮はドーパミンを生成するA-10神経系と呼応して同様に興奮が伝わります。

ストレス-クライミングにおいての墜落や敗退の恐怖、肉体的脅威が克服され、ルートの完登や安全地帯への脱出がなされたとき、一気にドーパミンが分泌され快感神経系(A-10)が活性化し、叫び出したい程の多幸感が得られます。

これは危険や困難が大きければ大きいほど強い快感となるため、より困難なクライミングを目指すという麻薬的依存性があります。
確保なしのフリーソロクライミングに嵌るクライマーはこの快感の虜になっているのかもしれません。
ちなみにドーパミンは覚せい剤とよく似た構造を持ちます。

・墜落=死 そして最後の救い-脳内麻薬様物質(オピオイド)

困難な箇所での凄まじい闘争の結果や思わぬアクシデントで墜落してしまった。
安全のためのロープ確保も何もない…あとは地面にたたきつけられるだけ…


闘争も回避もできない深刻なストレスに曝された場合、交感神経の興奮によってGABA神経系からβ―エンドルフィンやエンケファリンなどの脳内麻薬様物質(オピオイド)が分泌されます。

オピオイドはその名の通り、阿片(オピウム)によく似た構造を持ちます。

救いのない墜落を一瞬にして自覚したクライマーはオピオイドの受容によって精神活動や感情が鈍化し、全くの無抵抗状態になります。

誰かが地面に叩きつけられようとしている。でもどういうわけかそれは自分にはかかわりがない。時間概念と現実感と恐怖が喪失し、ある種の安息感に包まれる。

といった離人症的な状況になる場合もあるようです。

客観的には悲惨で恐ろしい墜落死も当事者にとっては諦念の果ての安息のもとに、なんら痛みを感じることもなく死を迎える場合も多いようです。(※)

生物にとっての最後の救いがこのオピオイドです。
例えばライオンに襲われたカモシカが最後には無抵抗で捕食されるものオピオイドの効果です。

ちなみにランナーズ・ハイはβ―エンドルフィンの分泌によるものです。

(※)
ラインフォルト・メスナーは著書「死の地帯」で絶望的な墜落から生還したクライマーの墜落時の記憶を収集し、多くの場合、安息感に包まれ痛みも感じなかったという状況をまとめました。
そういったケースに共通するのは「全くの諦念(あきらめ)」が前提となるようです。



墜落は別として、困難さの尺度などは個々人でまちまちです。
何れにしても、自らの力量をわきまえて安全なクライミング、登山を楽しみたいものです。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【クライミングと神経伝達物質・・・そして最後の救い】

実際にクライミング経験のある人にはわかると思うのですが、クライミングでのリードの緊張感、困難な状況での心理的葛藤、そして登りきった時の大きな達成感などは他のスポーツとは...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村