スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめの山岳図書 ~ノンフィクション編 その6

・冬のデナリ 西前 四朗 ★★~★★★

福音館文庫の児童書(対象年齢小学校高学年)とあったので長い間手に取ることがなかった本です。


デナリとは北米大陸最高峰のマッキンレー(6194m)の現地名です。

1967年1月、厳冬期マッキンレー初登を目指した著者を含む様々な国籍の8人のメンバーの凄まじい戦いの記録です。

この時期にここまで先鋭的な登山を行っていた日本人がいることに驚きます。

ベースキャンプからの登山開始早々、メンバーの一人をヒドゥンクレバスへの滑落で失うところから躓きが始まり、パーティーの混乱の中、登山は継続されていきます。
風速50m、気温零下50度の極寒の中、アタック隊とサポート隊がバラバラに分断されそれぞれが生きるためのサバイバルを強いられます。そしてその果てには…



本書は隊員たちの会話が主体で、そういう意味では小学校高学年以上なら読み進めることは可能でしょうが、それぞれの思惑と軋轢、挫折と喜びをくみ取るのは人生経験を積まないと無理だと思います。

登頂は成し遂げられたものの、奇跡的ともいえる僥倖に助けられて生還したということもあり、著者にとってはひりひりと痛む心の傷を負ったのかもしれません。
著者が本書を脱稿したのが1996年ですから、当時の顛末を昇華させるのに30年の歳月が必要だったのでしょう。

同年、著者は出版を待たずして他界しました。

ここまで正直にメンバーの心情をつづった登攀記録も珍しいでしょう。
美しいカラー写真もふんだんに掲載されており、当時の状況がまざまざと伝わってきます。

児童書という色眼鏡をはずして読むべし!


冬のデナリ (福音館文庫 ノンフィクション)冬のデナリ (福音館文庫 ノンフィクション)
(2004/02/20)
西前 四郎

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。