スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悦楽!地獄? 中央アルプス 正沢川 細尾沢遡行 2012.8.26、27 前編

不完全燃焼で終わった先週の山行に鬱々としていた時、山仲間のO氏に連絡すると週末にアルプスのどこかのピークを踏んでこようと考えているとのこと。

それならば、O氏新調のウェーディングシューズ(ソールはアクアステルス)の試しがてら沢登りはどうかとお誘いしました。

二つ返事でほいほいと乗ってきたO氏、全く何も考えてないですね!全く嬉しいですね!

で、行き先ですが、

・3000m級のピークに突き上げること
・沢中でビバークできること
・山中一泊で行けること
・荷物が重くなりそうなので登攀要素のあまりない沢

から候補を選ぶことに。

南アルプス甲斐駒黄蓮谷、中央アルプス中御所谷、中央アルプス細尾沢と候補が挙がりました。

黄連谷は甲斐駒からの下りがしんどそう、中御所谷はビバークして登る沢でない…

ということから、細尾沢に決定!

細尾沢?よく知りません…

ネットで調べると木曽駒ケ岳(2956m)に突き上げるようですが、やれアプローチのゴーロ歩きにうんざりとか、倒木で荒れた渓相とか、核心部があっという間に終わっちゃったとか、何ともぱっとしない話ばかり。

でも良いのです。今回のメインイベントは沢中でのビバークで、

焚火を囲んで日本の将来を語ろう!

ということですから。
日程は変則的休みの26日、27日に決行となりました。はてさてどうなることやら…

細尾沢


8月26日(日
早朝5時に京都出発、一路木曽駒高原スキー場に向かいます。
前日はネットでエロサイトサーフィン調べ物していて寝たのは2時半、ほとんど寝てないけど、やけにハイテンション、先が思いやられます。

4時間かけてやっとスキー場跡に到着。準備を済ませて9時半出発です。
天気は快晴!絶対的沢登り日和は日頃の行いの良さがうかがえます。
P8260733s.jpg

しばらく林道を進むと福島Bコースの登山口を過ぎて幸の川の橋を渡ります。
P8260735s.jpg

その先10分ほどで写真のような立派な道標が。沢登りコースって地図にのっていないけど何なんでしょう?
ローマ字で「Sawanobori」って書いてあるけど外人さんには分からんとおもうけど…
P8260737s.jpg

と突っ込みを入れつつ、沢登りコースへ。
踏み跡の左手には正沢川が流れています。踏み跡が怪しくなってきたあたりから入渓。
P8260739s.jpg

しかし、暑い!このピッチ後半から滝のような汗。心臓はバクバクするし、ペースも上がらない。
典型的なバテの症状です。おいおい、まだ1ピッチ目やん。
1時間歩いたとこで休憩。O氏曰く、顔が真っ青になっていたらしい。

2ピッチ目も汗は噴き出すばかり、足は進まず四つん這いでゴーロを越えていく。
P8260742s.jpg

30分程進んだところでO氏が「中止して戻る?」と心配顔で声をかけてくれます。
「うん」と可愛くうなずきたいところをぐっと我慢して、「大丈夫やし。もうちょっと様子見るわ」と応え、スニッカーズと塩飴と水分を大量補給。

3ピッチ目になるとようやく汗もかかなくなり、調子が戻ってくる。
さっきまでのバテは何だったのだろう。遅くまでのエロサイトサーフィン調べ物がたたったのかも…

まだまだ正沢川のゴーロは続きます。
P8260744s.jpg

そんなこんなで4時間、右岸から写真のさみだれ滝が流れ込んでくれば間もなく細尾沢の出合いです。
P8260746s.jpg

やっと細尾沢出合。長かった~!確かに細尾沢は倒木が目立ちなんかぱっとしない渓相です。
写真右手の沢が細尾沢。
P8260747s.jpg

やっとこさスタートラインですね。この頃には体調は完全復活しました。
P8260748s.jpg

細尾沢で最初に出迎えてくれるのが5m滑滝です。ここは右岸を登ります。
P8260749s.jpg

ところで、今回は二人ともアクアステルスソールのウェーディングシューズなのですが、この沢の濃い黄土色の苔には全くグリップが効きません。
薄黄色の苔や乾いた岩には吸いついてくれるのですが…

ということで、苔の色を見ながらステップを選ぶ必要がありました。

滑滝を越えてしばらく進むと、本日のハイライト、細尾大滝40mのお出ましです。
P8260753s.jpg

細尾大滝の両岸は垂壁で直登はどこかの命知らずに任すとして、さっさと高巻きします。
P8260756s.jpg

高巻きルートは何種類かあるらしいのですが、大滝左岸にあるルンゼを登り、不安定な垂壁をトラバースしさらに尾根を高巻いて沢に戻るというのが一般的?なようです。
まぁ、出たとこ勝負でルンゼに取りつきます。
P8260757ss.jpg

ルンゼから垂壁のトラバース。ここでロープを出しました。
P8260759s.jpg

トラバース後、さらにトラバースする踏み跡もありますが、先が厳しそうなので、ぐずぐずのルンゼを1ピッチ登ります。
ようやく沢床が見えたので2ピッチのトラバースで大滝の2段目の上に降り立ちました。
偵察したりなんやかんだでこの高巻きに1時間かかったというのは企業秘密なので内緒ですよ!

大滝2段目の落ち口から
P8260763s.jpg

もう5時前なので、今日のサイト地を探さなければなりません。
大滝上はやさしい小粒の滝が連続します。
P8260764s.jpg

P8260765s.jpg

このひょんぐり滝4mを右から巻いたところに絶好のビバークポイントがありました。
ここなら雨で増水しても流される心配はありません。
P8260766s.jpg

早速、ホテル細尾の設営。簡単に整地してタープを張ります。
P8260768s.jpg

バテたり、復活したり、巻いたり、トラバったりの大忙しの一日だったので何はともあれディナーの準備。って私はラーメン、O氏はレトルトカレーですが。
でも塩分の抜けた体にラーメンのうまいこと!
細胞の隅々までラーメンの汁が行き渡ります。(どんな細胞やねん!)
P8260770s.jpg

そしていよいよメインイベントの焚き火です。
新聞紙を持ってきたのですが中々手強く、テーピングのテープを火種にしたりしてようやく着火。
P8260771s.jpg

下戸の私はコーヒーを、O氏はウイスキーをちびちび舐めながら、日本の将来を熱く語る…訳もなく、今日の山行や次の山行、昔の思い出話などに花が咲くのでした。
焚き火で濡れたものも体も心も温まり、なんとも優雅な気分に。
お金をかけなくてもこんな贅沢ができるなんて、山をやっていて本当に良かったとしみじみ思います。
永遠に続いて欲しい時間だけど、日々の暮らしがあってこそ際立つ時間なんだとも思う。

そしてホテル細尾(なんかラブホっぽいね…)の夜は更けてゆくのでした。
P8260774s.jpg

至福に包まれ眠りについた彼らを待ち受けるものは…
はたして駒ケ岳山頂に無事辿り着けるのか…
そして最後に待ち受ける落とし穴。

激動の二日目は後編につづく…


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は!

岩・沢はまったく経験なし、 自己流で山を歩き始めて38年目になりますが、

山へのきっかけは、高校3年のとき、大杉谷の滝と吊橋の写真を見て、絶対ここに行きたい!と思って、借り物のキスリングザックを背負って歩いた3泊4日・・・が
今日に続いています。

それまでは全く山の経験無し、一人旅の経験もなし、でいきなり山に行ってくるといって出かけたときのことです、止めとけ!と止めてくれたのはバイト先のおっチャンくらいで、 

母親にはチョッと一人旅してくるわ!といって出かけた、大杉谷はすごかった、
こんなとこがあるんや! 感動しまくりで・・・ 。

沢歩きや、渓谷の水のきれいな風景を見るたびに、思い出します。

本格的な沢歩きはしたことはないのですが、山にのめりこむ原点になったのは、
昭和49年の夏、大台ケ原から大杉谷への山行です。

沢歩きの記事を見て、その時のことを思い出しました。

No title

>日々の暮らしがあってこそ際立つ時間
ほんとにそうですね。
仕事したくないけど(笑)

まだ登山にも興味を持ち始めたばかりで、
沢は濡れていろいろ大変そうというイメージなのですが、
また違った魅力があるんでしょうね。

ロープを使って登って
ビバークして・・・
憧れです。いつかやってみたい。

単位の意味がよくわからなかったのですが、
ピッチというのはこの場合、
どういう意味で使われているのでしょう。

No title

>りゅうじさん

りゅうじさんと私はほぼ同年代ですね!

最初の山行が単独で大杉谷って渋いし、すごい!
確かにあの景観を目にしたら山にのめり込んでしまいますね。
まさに近畿の秘境です。

私は大学時代にワンゲルで初めて山に接しました。
縦走が中心でしたが、たちまち山の魅力に取り憑かれました。

クライミングや沢は社会人になってから始めたのですが、
それぞれのジャンルというより、山へのアプローチの仕方の幅が広がって
より山を楽しめるようになったように思います。

沢登りは自由でかつ総合力が試されるので大好きです。

>歩兵さん

沢登りの魅力は何と言ってもその「自由さ」にあります。
自分で好きにルートを選び、その先に何が出てくるのか予測付かないワクワク感が
堪らないですね!

「ピッチ」の定義ですが、ロープで確保して登る場合、尺取り虫のようにして進むのですが、
この尺取りの単位をピッチと呼びます。
ロープいっぱいの場合もあれば、本の数メートルでピッチを切る場合もあります。
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。