スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片波川源流域  芦生杉でお腹いっぱい

P9090889s1.jpg


先々回の記事で芦生の巨木群生地のことを書きましたが、片波川源流域にも芦生杉の巨木群生地があり、こちらの方は立派な自然観察路が整備されています。

アプローチが手軽な割にはあまり知られてないようなので、簡単にご紹介。


京都市内からは周山街道か花脊越えで国道477号線に入り、片波川沿いの林道を北上、車止め横の駐車場まで進みます。
(林道の分岐に注意。目的地を確認して進んでください)

駐車場には自然観察ガイドウォークのマイクロバスが止まってました。
P9090878s.jpg

ここからほんの15分ほど林道を歩けば自然観察路の入口に着きます。
P9090882s.jpg

観察路の起点にはこれまた立派な案内板が。それぞれの芦生杉に名前が付けられているようです。
P9090884s.jpg

綺麗に整備された観察路に沿って進むと、芦生杉の巨木が次々と現れます。
P9090886s.jpg

P9090890s.jpg

P9090894s.jpg

P9090895s.jpg

P9090914s.jpg

この地域で一番大きい「平安杉」。胴回りは15.2mとか。屋久島の縄文杉の16mに匹敵しますね。
P9090904s.jpg

観察路はこんな立派な遊歩道となっています。
ゆっくり周回しても1時間ほどでしょうか。
P9090915s.jpg

巨大芦生杉の群生密度は非常に高く、いちいち画像をアップしてるとキリがありません。
車を降りてちょっと歩いただけで、この巨木群に出会えるということはかなりの驚きです。

この地域は平安遷都後、御杣御料(みそまごりょう)として守られてきた森で、平安京の造営などで膨大な建材が切りだされたとの記録があるようです。
その後、一本植えできる品種改良された杉(シロスギ)が建材の主流となったため、台杉が伐採を免れて残ったようです。



それにしても立派な案内板といい、整備された遊歩道といい、どういう経緯で作られたのでしょう?
一方、アプローチの林道には案内もなく、結構荒れ放題になってます。

教育、学術、観光資源?と自然保護の狭間でのアンバランスさを感じました。


オレンジのエリアは立ち入り禁止。薄緑のエリアが芦生杉群生地。
P9090880s.jpg


ともあれ一見の価値があるのは間違いないですね。



ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

知らなんだ!

いやはや、近場にこんな所があるなんて知らなんだ!素敵な穴場?ですね!是非とも1回行ってみよ!ヒルはいませんか?でも、巨木好きですね・・。

No title

こんにちは。

僕も10年ぐらい前に京都の伏条台杉群を見に行ったことがあります。
あの杉は、ほんとにすごい迫力で見ごたえがありました。
場所は花背の大悲山の近くだったと思いますが、すでに記憶があいまいです。
あの頃は世間的にはほとんど注目されていなかったので、道のない山の
尾根を登りましたが、最近はちゃんと遊歩道が設置された場所もあるんですね。

美山町のあたりに杉の保存活動をしている人がいたと思いますので、
そういう人が働きかけて遊歩道を作ったのかもしれません。

Re: 知らなんだ!

ご無沙汰ちゃん=T君かな? こちらこそご無沙汰です。
行った日は晴れてたのでひるはいませんでしたよ。雨ならでるかも!
あとマムシと熊に注意って書いてあったような…

Re: No title

ヤマふぉとさん、こんばんは。

私は行ったことがないですが、確かに大悲山の北側にも芦生杉の群生地があるみたいです。
京都の北山はあなどれませんね。

片波川源流域の群生地は非常にお手軽でいいんですが、自分の足で苦労して
やっと出合えたというような感動はないですね。
まぁ、贅沢な話なんですが。
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。