FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめの山岳図書 ~ 技術書編 その1

・フリー・クライミング上達法 W・ギュリッヒ ★★★

この本は、昔、フリークライミングに入れ込んでいた頃、何度も何度も目を通した、私にとってバイブルのような本です。

W.ギュリッヒ(ヴォルフガング・ギュリッヒ)はドイツの伝説的クライマーで、数々の高難度ルートの初登を成し遂げた世界的トップクライマーでした。

1991年に彼が初登した「アクチオン・ディレクト(Action Directe)」は世界初の9a(5.14d)で、長きに渡って世界最難ルートとして多くのトップクライマーが挑戦してきたマスターピースです。

下の動画を見てもルートの凄まじさがわかります。
小山田は3年越しの挑戦で2005年に第7登を果たしました。

アクチオン・ディレクトを登る小山田大
携帯用動画リンク

ちなみに、映画「クリフハンガー」のオープニングシーンでルーフをフリーソロしているのはシルベスタ・スタローンのスタントを依頼されたギュリッヒです。

残念なことに、ギュリッヒは1992年8月、アウトバーンでの自動車事故で帰らぬ人となりました。
もし彼が生きていたなら現在の世界最難ルートは彼のルートに置き換わっていたかもしれません。



本書は1986年にドイツで出版された「Sportklettern heute」の翻訳で、1988年に山渓から
出版されました。

クライミング関係の入門書は数多くあるけれども、本書はズバリ、「5.12以上を登るため」のガイドであり、決して入門書ではありません。

内容はクライミングテクニックの解説から、ルート攻略の戦術、トレーニング方法と運動生理学までの広範囲に渡り、「デッドポイント」や「身体張力」などの新たな概念を導入し、合理的かつ、理論的にクライミング上達の方法論を展開したもので、現在でも全く色褪せてません。

この本を読んだからって言って誰でも5.12が登れるわけではないですが、グレードに係わらずどうしても登れないルートや課題に出くわした時、そっと本書を紐解いてください。
その壁を乗り越えるヒントが必ず見つかるはずです。

およそフリークライミングやボルダリングにのめり込んでいるあなたなら、本書は文字通り
「バイブル」になるでしょう。


私?いやいや、もう付いていけません…(^^;

残念なことに本書は既に絶版なので中古を入手するしかないですね。

PA040923.jpg


フリー・クライミング上達法フリー・クライミング上達法
(1988/01)
ヴォルフガング ギュリッヒ、アンドレアス クービン 他

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。