FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の京都一周トレイルを歩いてみた その2

京都一周トレイル 東山コースに引き続き、北山東部コース編です。

比叡山ケーブル山頂駅でのんびりしすぎて、そのまま日和って下山しそうなりましたが、気を取り直して北山東部コースに向かいます。12時50分スタート。

林道をしばらく登ると比叡山人口スキー場跡に出ます。
中学一年の時、生まれて初めてスキーをしたのがここです。
PB101153s.jpg

スキー場跡を抜けて比叡山延暦寺方面へ林道は続きます。
紅葉も今が盛りという感じですね。
PB101155s.jpg

PB101156s.jpg

北に目を向けるとこれから向かう稜線に横高山、水井山が連なります。
下界は大原の里、右側の遠くの稜線は比良山脈です。
京都一周と言いながら、このあたりから県境を越えて滋賀県に入ります。
PB101157s.jpg

奥比叡ドライブウエイを横切ると山王院堂。
世界遺産、延暦寺の敷地内に入り、石段が続きます。ここは京都で一番のパワースポット!
って実は滋賀県なんですけど…
何か凛とした清浄な空気を感じます。場を乱したくないのでゆっくり歩きます。
PB101159s.jpg

ここも紅葉真っ盛り。
PB101160s.jpg

階段を下って浄土院。
最澄の廟所で比叡山で一番神聖な場所です。
PB101162s.jpg

PB101161s.jpg

にない堂、椿堂から釈迦堂へ。
PB101163s.jpg

PB101164s.jpg

PB101165s.jpg

延暦寺を抜けるとドライブウエイ右手に見ながら歩きやすい道が続きます。
PB101166s.jpg

東方面には琵琶湖が望めます。
PB101168s.jpg

玉体杉。
回峰行者が唯一座って休憩できる場所です。行者はここから京都御所に向かって祈ります。
PB101169s.jpg

玉体杉を過ぎて結構な急登で横高山山頂へ。樹林に囲まれ展望は利きません。
PB101170s.jpg

次の水井山は京都一周トレイルで最も標高が高いポイントです。(794m)
ここも展望利かず。
PB101171s.jpg

仰木峠を過ぎてボーイスカウト道から大原の里は戸寺町に下ります。時刻は15時半
かなりの急降下なので下りで足がガクガクになりました。
PB101172s.jpg

ここからは江文峠と薬王坂の二つの峠を越えて鞍馬に抜ける里歩き。
スピードアップも図れるけど、そろそろ足も上がらなくなってきたのでのんびり歩きます。

江文神社参道。ここから峠を越えて静原の里へ。金毘羅山ロックゲレンデへは直進です。
PB101173s.jpg

静原の里。正面の山が金毘羅山。
天武天皇が襲われた際、ここの神社で心を静められたというのが「静原」の由来。
歩いていると結構話しかけられます。土地柄でしょうか、皆さんおおらかで暖かいですね。疲れが癒されました。
PB101174s.jpg

薬王坂の峠をこえれば鞍馬に至ります。ここにきての薬王坂の急登が結構きついですね。
PB101175s.jpg

15分ほどで薬王坂の峠。
最澄が鞍馬から比叡山に帰る途中、ここで薬王が現れたというのが名前の由来です。
PB101176s.jpg

17時10分、なんとか日没までに鞍馬に着けました。鞍馬寺も火が入って良い感じ。
伏見稲荷をスタートしてからちょうど11時間です。
PB101177s.jpg

PB101178s.jpg

後は二ノ瀬まで車道を歩いて北山東部コースは終了です。
車が脇をびゅんびゅん通るのでちょっと怖い。



以上、京都一周トレイルの60%くらいを歩きましたが、トレイルランナーなら清滝あたりまで行けるのかな?北山西部コースは途中市街地へのエスケープが大変なので、二ノ瀬あたりが見極めポイントですね。

今回初めてこのトレイルを歩いたのですが、今まで知らなかった神社、旧跡などもいっぱいでとても新鮮でした。恐るべし京都、だてに千年の都ではないですね!
本当はゆっくり寄り道しながら歩くのが良いんでしょうが。

また機会があれば続きの高雄、清滝、嵐山方面も歩いてみます。

皆さんも一風変わった京都観光をしてみては?お勧めします。


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

京都一周トレイルその1、その2を拝見しましたが、なかなかいい感じのところですね、訪れてみたくなりました。

距離が長いのでどういう区切りで歩くのが面白いのか、研究してみたいと思います。
ひろろさんの記事も大いに参考にしたいと思います。

Re: こんにちは!

りゅうじさん、こんばんは!

京都一周トレイルは京都に住んでる私にとっても新鮮でした。
是非お越しください。

繋ぎのポイントは行き帰りのアクセスですね。
あと東山コースは市街地を結構抜けるのでルートが分かりにくいかも。
まぁ、ルート通りに歩く必要はないのですが。

また残りのトレイルも歩いてみたら記事をアップします。
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。