スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・愛宕山 明神谷で無理やり沢登り

今日(4月28日)沢を詰めて愛宕山に登ってきました。
愛宕山なんて、小学生以来です。

atago.jpg


朝起きて外を見ると快晴!
どっかいきたいなぁ…と優雅にモーニングコーヒーを飲んでいると、
天啓のように

「愛宕山に登れ!」

という声が聞こえた。(あぶね~)

うーん、神のお告げとあらば登らねばなるまい。
きっと不浄の身を清めてこいということであろう。

しかし…階段のような表参道から登るのも芸がない。
なんか面白いルートはないものかと思案…そういえば…

明神谷を詰めて愛宕に至る、くそマイナーなルートがあることを思い出した。

早速「ウォッちず」で2万5千図をスクリーンコピーしてプリントアウト。
(いつもお世話になっています m(_ _)m )

650mあたりで登山道に抜けられそう。

車は落合ロックの上にデポすれば無料かつアプローチも近い!

善は急げと慌ててザックに荷物を詰めて、「山行ってくるわ!」と玄関を飛び出した。



12時過ぎに落合ロック着。幸い駐車スペースは空いていた。しめしめ!
で、いつもの保津川下りのショット。
P4281404s.jpg

ここで完全沢登り仕様に身支度。足周りはアクアステルス。
この手の沢では滑りまくりそうな気がしないでもないが…

水温確認で、早速、清滝川を渡渉。意外とぬるくて安心。
P4281405s.jpg

昼食時でハイカーがお弁当を広げている横をジャバジャバ進む。
ちょっとおかしな人に見られてる気もするが、気にしない。

遊歩道を進むこと20分で明神谷の出合いに到着。
P4281407s.jpg

おおっ!出合いにはのっけから沢心(何それ?)をくすぐる滝が流れ込んでいるではないか!
P4281408s.jpg


ここで本日のルールを決める。

・このルートには滝を巻く古道もあるようだが、基本、沢通しに遡行し、全ての滝は直登する。
 (単独なので直登がリスキーな場合はとっとと巻く)
・パンツを濡らしたくないので、股上以上に水に浸かることは回避。

ルールを決めればそれはゲームとなり面白みが増すのだ!

12時50分、遡行開始!
なかなか楽しい滝が次々現れて嬉々として登る。
P4281410s.jpg

P4281411s.jpg

P4281413s.jpg

P4281414s.jpg

P4281415s.jpg

りっぱな三段の滝。三段目はチムニー状で、ちょっとトリッキーなステミングで越える。
この滝を越えると、一旦平流に。
手あかのついてない感は、どこか芦生の沢のよう。
P4281416s.jpg


平流はいいんだけど、伐採の倒木が邪魔くさい。
P4281417s.jpg

しばらく行くと、枝垂れる美しい滝がおでまし。
逆層かつ滑っているので慎重に右の水流を直登。
P4281419s.jpg

後で調べると、この滝は明神滝と言うらしい。
上段はこんな風で逆層のいやらしい感じ。
P4281420s.jpg


この滝から上は極端に水量が落ち、源頭の様相となる。
標高450mあたりで伏流になって水が切れる。
P4281425s.jpg

水流が切れた所でちょうど午後2時。1時間10分の遡行です。

昼飯を食ってないことに突如気づき、ここで昼食。
おにぎり2個とカップラーメン。
ところがコッヘルとガスはあるけど、ノズルが見当たらない…
慌てて準備したので忘れた模様。

仕方がないのでおにぎりをもそもそ、楽しみにしてたコーヒーも飲めないではないか(;;)

気を取り直して、20分の休憩後、出発。
その上は何故か伐採の倒木だらけ。何の嫌がらせなんやろ?
P4281426s.jpg

倒木を避けつつ苦労して進むうち、何やら人の声がすると思ったら、表参道に合流でした。
P4281427s.jpg

表参道はずっとこんな高速道路が続きます。
P4281428s.jpg

黒門を抜けると、いよいよ愛宕神社の境内です。
P4281432s.jpg

石段を抜けて本堂へ。
P4281433s.jpg

お賽銭を奮発して、世界平和を祈っておきました。(午後3時16分 最高点924m)
P4281435s.jpg

愛宕山は市内のどこからでも見えるので、当然、愛宕からも市内が一望できます。
P4281438s.jpg

下りのルートをどう取るか悩んだけど、ラーメンを食ってない不安もあり、一番楽な表参道を選択。
足周りをトレランシューズに替えて、走り下ります。
高低差850メートル、4kmのランニングですね。

転げるように駆け下り、おなじみの鳥居でフィニッシュ! 所要時間35分でした。
P4281440s.jpg



愛宕山は幾つものルートがあり、あまり踏まれてないとコンパス&読図が必要なルートもあるようです。
その中で明神谷は最も異色のルートでしょうね。

沢中の滝は小粒だけど、しっかりとした滝で、楽しめました。
あまり期待はしてなかったけど、思わぬ拾い物をした感じです。

皆さんもちょっと変わった愛宕詣をしてみては?

※明神谷ルートはほとんど踏まれてないと思います。
 滝は古道で巻けると思いますが、ほとんど水線通しで行ったので未確認です。
 沢登り経験者以外は安易に取りつかない方がいいかも。



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。