スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめの山岳図書 ~小説編 その6

・ミッドナイトイーグル 高嶋 哲夫 ★

お勧めの山岳図書で書評的なことを随時アップしてますが、できの良い山岳小説には中々出合えません。

一つの理由として実際の山、クライミングのリアルさが感じられない作品が多く、読んでいるうちに興醒めしてしまうからでもあります。

自分の山での経験を盾に上から目線で言っているわけではないのですが、これは事実です。
(実際、私の山歴など大したことないですし)



今回ご紹介する「ミッドナイトイーグル」はその最たるもので、あまりのリアリティのなさに途中で読むのを放棄しようとさえ思いました。
お勧めの山岳小説と言っておきながらなんですが…

物語のあらすじは…

核爆弾搭載の米軍ステルス爆撃機が北アルプスの槍沢上部の天狗原に墜落、それをたまたま目撃し、撮影した報道カメラマンと新聞記者が特ダネ狙いで冬のアルプスへ潜入する。そこには北朝鮮軍と自衛隊とが入り乱れて核爆弾をめぐっての激しい攻防が展開されていた。
やっとのことで、ステルスに辿りついた主人公たち。そこに迫りくる北朝鮮軍。
核爆弾が彼らの手に渡ることだけはなんとしても阻止しなければならない。
そして、最終的に政府が選択した手段とは…

まぁ、設定の意外性や核をめぐる国際的謀略など、娯楽作品としてはお膳立ては出来ています。

しかし、あまりにも安易な展開にずっこけしまくりました。

先ず、吹雪く厳冬期北アルプスでの主人公たちの行動。

書かれている設定状況なら通常、行動不可能な天候なのに、主人公たちはサクサクと行動し、出合った自衛隊員を救助さえしています。
食糧も無いのに猪突猛進に天狗原を目指す。そのモチベーションって何?
何やかんやで、気がつけば天狗原。どこから登ったん?まさか槍沢から?(゚Д゚)

その他、訓練も受けてないのに敵とのいっぱしの銃撃戦など、突っ込みどころは満載です。

あと、登場人物の心理描写も浅く、感情移入ができません。
結末も、主人公がその運命を受け入れる必然性が感じられないので、「あらら…」程度の感想です。



ぼろくそに書きましたが、これ、映画化もされたようですね。
まぁ、一般的には受けるのでしょうが…
ここまで書いたらわざわざ読む人はいるのかな?あくまでも私にとってということで。

エベレストに核爆弾搭載の人工衛星をぶち込んだ「天空への回廊 笹本稜平」の方がよほど納得がいきます。

でも、小説とは言え、あまり山に変なもの落とさないでね。

DSCN0258.jpg
夏の天狗原(槍沢上部)


ミッドナイトイーグル (文春文庫)ミッドナイトイーグル (文春文庫)
(2003/04/10)
高嶋 哲夫

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。