FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折日記 ~滑落事故から2週間

早いもので、今日で滑落事故から2週間たちました。
今後、復活?までの経過を「骨折日記」としてまとめていきます。


【5月27日】 本日入院

午後2時に入院手続き開始し、病室に落ち着いたのが午後3時。
部屋は6人部屋で、皆さん、かなりの年配の方ばかり。

明日、手術なので、4時にシャワーで体を洗ってもらう。

5時から主治医によるインフォームドコンセント。

状況は変わらないが、具体的な手術の話として、

・かかとの骨折レベルは最高レベル(関節面が陥没、本体も折れている)
・陥没したかかとを元に戻すだけでは隙間が空くので、骨盤の骨を取って移殖する。
・なので手術は全身麻酔で行う。
・最近は薄くて丈夫なプレートがあるので、フィットすればそれで固定する。
・かかとに加重かけられるのは術後、4週間。

といった説明があった。

え~!骨盤から骨の移植?(x_x)

これは想定外でした。

思っていた以上にかかとは破壊されているようです。

たしかに、着地したとき、えぐい音したもんな(^^;

まぁ、手術は先生に任せるしかないので、全幅の信頼を置いてお願いしました。

私はリハビリで頑張ります!


【5月28日】手術当日

今日は手術なので、日付が変わってから絶飲絶食。

オペは10時スタート。

手術着に着替え、点滴を装着してから、車椅子で手術室に向かう。

初体験なので、遊園地の絶叫マシーンに乗る前のようなドキドキ、ワクワク感が半端ない。

麻酔の説明で、静脈へ投薬での全身麻酔と、脊髄硬膜外への麻酔を行うらしい。

手術台に乗せられて、先ず、脊髄硬膜外麻酔の処置が始まる。

横向きになってエビのように背中を丸めた状態で、脊髄に針を刺していくのだけど、態勢が苦しいのとぐりぐり針が入っていく違和感で気持ち悪い。

10分ほどで処置が終わり、いよいよ全身麻酔。

「薬いれますよ~」

「ちょっとピリピリした感じしますか?」

「はい、ピリピリしま・・・す」

まさに「す」を言ったタイミングで意識が吹っ飛びました。

ドラマとかでは見てたけど、本当に瞬間的にいっちゃうんですね!びっくり!

次に意識が戻ったのは「終わりましたよ~」っていう声でした。

この間3時間半だけど、一週間でも一カ月でも同じ感覚なんやろうね。

点滴、酸素マスク、心電図電極など、いっぱい付けたまま病室へ。

麻酔はすっかり醒めた感じで、どこも麻痺した感じはない。

手術した個所がピリピリするのみで痛みも大したことない。

ネットで手術の体験談を読んでいると、痛みで七転八倒したような話がいっぱいあったので、戦々恐々としていたけど、夜になっても大した痛みはない。

どうも、首にかけた容器から投薬されている脊髄硬膜外への痛み止めが決定的に効いてるみたい。

一番違和感があるのが、知らない間にち○ち○に挿入されていたバルーンカテーテルで、膀胱から直接おしっこを容器に流し込むためのもの。

ちょっと動くと、微妙に擦れて気持ち悪い(^^;

夕食も起き上がって平らげるほどで、骨折の手術ってこんなもんなんかな?

管&ケーブルがいっぱい付いているので寝返りが打てないのが辛いけど、手術後の夜は比較的平穏に過ぎていくのでした…


【5月29日】

朝方、脊髄への痛み止めが切れたようで、手術あとが痛むけど許容範囲。

一番の激痛タイムは乗り切れた模様で一安心(^^)

後は、管類を早く取って欲しい。特に忌々しい「カテーテル」を。

昼食前に、変に尿意がするのでおかしいなと思って容器を見ると、オーバーフローしているみたい。どうも、一回出たおしっこが膀胱に逆流していたのかもしれない(^^;

すぐにナースコールして、いっそのことカテーテルを抜いてもらうようにお願いした。

で、新人の看護師さんがバルーンを抜いてくれることに。いやん、恥ずかしい…

しかしこれがまた痛く、恥ずかしがるどころの騒ぎやなかった。

思わず、「いたたたた!」って叫んでしまいました。

そんなTipsを挟みつつ、なんやかんやで、昼食後、主治医の診察でケーブル類を全部はずしてもらい、スッキリしました。

ただ、トイレはナースコールの上、車椅子でいかないとだめらしい。

煩わしいし、遠慮もするので、なんとか松葉杖で自分で行かせてもらうようにお願いしたところ、

「リハビリの先生がOKならいいですよ」とのこと。

ふふふ…伊達に一週間以上、自宅で松葉杖使ってたのではないのだよ!
ほとんど、松葉杖の魔術師状態まで習熟していたので、当然のごとく、すんなりOK頂きました。


ということで、本日よりリハビリを開始です。

リハビリ担当さんより、関節の動きと筋力アップのリハビリメニューを教えて頂き、リハビリ計画書を一緒に作成。私の当面の目標は「軽いジョギングか、低山の山歩き」におきました。

かかとに負荷をかけてのリハビリは4週間後から。2週間かけて全加重をかけていくとのこと。

先は長いけど、少々の無理をしながらリハビリに励みます。
(もちろん、過負荷で傷めない程度で)


【5月30日】

朝から足よりも、骨を採取した骨盤が痛い!

腹筋も力を入れることがためらわれて、気張れないので、う○ちも出ないし…

寝てばかりもいられないので、体動かせばお通じもくるかな?と、病院内を当てもなく徘徊する。

まったく、邪魔で迷惑な話である。すみません…

ひと汗かく頃、ふと気がつくと、なんと、腰が痛くない!

おまけにお腹はいい感じでぐるぐるしてきて、思惑通り、大量にGETしましたぜ!

しみじみ、人間は体を動かさなあかんなと思いました。



【5月31日】

本日より、基本的な体力と筋力の維持のため、ウォーキングの自主トレ開始。

病院の屋上を朝、昼2回、30分程度歩く。(もちろん松葉杖)
いい天気でうっすら汗をかいた。

足の方はまだ腫れや浮腫みが残ってるけど、痛みはほとんど無くなりました。

リハビリでは足首の稼働角が、一昨日の-15度から8度に大幅に改善。
左足は20度なので、それに近づけるためのトレーニングを継続します。



そんなこんなで事故より2週間、なんとか手術も無事済み、復活に向けて頑張ってます。

勝負はかかとへの加重をかけだす6月下旬からですね。

ではでは、また定期的に報告します。


ブログランキングに参加しています。
↓更新の励みになりますので、よろしければクリックを
にほんブログ村 アウトドアブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひろろ

Author:ひろろ
Thrill‐Seeker
刺激が行動原則です。
クライミング、沢登り、ランニング、パラグライダー、音楽、アコギ、ロック、プログレ、画像処理、カラーサイエンス…京都からの発信です。

このブログはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクしてください。
連絡頂ければ相互リンク致します。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Access Counter
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。